戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月後半に、吾妻ひでおの『けいおん!』発言が注目を浴びた(紹介したサイトその1 その2)。

吾妻ひでお曰く。
録画してあったTBSアニメの『けいおん!』観る。空虚だ。ギャグもナンセンスもユーモアもエログロもストーリーらしきものも何もない。ちょっとしたフェティシズムがあるだけ。このアニメ作ってる人も観てる人々も不気味。そんなに現実イヤなのか?


みぐぞうさんの「吾妻ひでおvs「けいおん!」炎上騒動における個人的な感想」では、けいおん肯定派と否定派の論争の燃料に吾妻ひでおが格好のネタとして使われてしまった、と状況をまとめている。
 確かに元ネタのマンガを見ると吾妻ひでおによる唯の模写があったりして、文章だけの印象とは全然違う。というか、あの吾妻ひでおがけいおん!を模写している!って方がニュースになればいいのに、なんだか「バトルロワイヤル」的状況(『ゼロ年代の想像力』)であります。吾妻さんが描かれた元画像はこちら(<リンクは上記サイトより)。

さて。
吾妻発言をきっかけとしてか(正確にはそれを紹介した記事が耳目を集めて以来)、10月後半にtwitter上でいくつか面白いけいおん語りがあったので、まとめてみたい。

状況1>『けいおん!』が好きな人が一定数いる
状況2>『けいおん!』を理解できない人が一定数いる

すべての人に受け入れられる作品が無いので、こういった状況1・2の対立は一般的に生じるのだが、

状況3>けいおん!は2009年を代表するアニメ作品である。
という状況3が加わる事によって、状況2に所属する人がモヤモヤして語りたくなるのだろう。

そりゃ「アニメ」も多様だし「萌えアニメ」も多様だし、すべての物語を面白いという人は評価基準が著しく低いか、限られたものしかみていないか、頭がおかしいかの何れかだろう。
#ちなみに、私は我慢してみていたらそのうち面白くなってきて(とりわけ梓入学以降の展開)最終回では感動した。

『けいおん!』語りから何か見えてくるかもしれないし、twitterでの議論の広がり方も面白かったので書いてみます。

(追記有、以下)
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
 『けいおん!』や『らき☆すた』に代表される、「淡々と」女子高校生の日常を描く作品が人気を集めている。と、同時にこういった日常モノの何が面白いのかわからない人も増えている気がする。

 山本寛氏が「妄想ノオト 出張版 第六回」で書いている、満たされない欲望を満たすアニメ(仮想充実型)から、満たされている現実の裏付けや保証たるアニメ(現実充足型)へと、トレンドが移っているのではないか、という仮説を紹介する。

 表面上は女性キャラクターが沢山登場するハーレムもののような世界が展開されているが、その内実では、方向性は全く異なっているかもしれない。見た目が似ているからこそ、起こる論争もあるだろう(例えば、とらドラ!はリア充向けアニメ?だったり)。

 また、先日書いた「『 けいおん!』ヒットの原動力とは何か」の補足を、 仮想充実型/現実充実型という区別を用いて書いてみたい。

というエントリであります。

(続く)
⇒ 続きを読む
ばべのれさんが、『けいおん!』のヒット要因を情報環境的な側面から、分析している。

創造力より生成力の時代――ハルヒ2期の前に整理しておきたい、京アニが『けいおん!』を選んだその理由。


氏が注目したのは、ネット上でのコミュニケーションである。2chでの当期アニメのスレ数一位が『けいおん!』で二位が『咲-Saki-』で、その差は約3倍となる。一方、ニコニコ動画ではその差は10倍以上に跳ね上がる。

・2chアニメ板作品別スレでの比較

 『けいおん!』178スレ

 『咲-Saki-』70スレ

・ニコニコ動画での比較

 『けいおん!』約4000件

 『咲-Saki-』約300件

(上記サイトを元に作成)

『けいおん!』はニコニコ動画対応であると、氏は結論づける(削除バイアスがどの程度かかっているのかはわからないが)。参考までに他の数字を挙げておけば、「かんなぎ」が1280件、「MUNTO」が60件、「クラナド」が2000件、「らき☆すた」が23000件程度となる。

その際、使用されるのタームが濱野智史氏の集合的な創造性を生む「生成力」である。で、ニコニコ動画において「生成力」を生むのは、「音楽」であると氏は分析をする。「東方」「アイマス」「ボーカロイド」というニコニコ3大ジャンルには音楽が絡んでいる云々。


以上、要約。これをネタにいろいろと考えてみたい。
(続く)
⇒ 続きを読む
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。