戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メモのみ。

自己言及感がいい。
ーハルヒのエンディング。
ードラマCDとアニメ化の声優が違うっていう会話。
 神の見えざる手がってお前がいうな、笑。

ほんとに、パンしない。
カット割だけで、動きをつけようとしているように見えて、新鮮。

風景をメインにした絵作りとかも好き。

ドリルをメインにしたロボットアニメって、グレンラガンへの参照?
アニメ『憂鬱』最終話が発売されて、新作画のエンディングが収録されました。下は個人的ベストの表情。テレビ版エンディングでキョンが溜息をついている場所へのハルヒ的返答。コマ送りせずともこれはという表情が脳裏に飛び込むようになってきたあたり、なんだかなあという感じだがそれもまた嬉しいもの。

いくつかキャプチャを引用。動画に関しては、探すか買うかして下さい。

(07.2.2 後半、書き直しました)


⇒ 続きを読む
 今のところ本編はちょっと違和感が強いのだが(シリアスとラブコメの二つの顔がごちゃごちゃなのと、黒板に煽りが別の作品だなあと)、オープニングは手放しで格好よかった。

 こういう絵的な気持ちよさは好き嫌い以外の何物でもないので、こういう見方をしたやつがいたという事で、以下。
⇒ 続きを読む
ネギま!?のオープニングが衝撃的だった。何に痺れたのか書こうかと思ったのだが、まずは全カット一覧を作ってみた。
感想というか分析をしてみたのがこちら。
⇒ 続きを読む
一月ほど前からハルヒダンスを文化祭で踊りたいんですが!というファンの声にこたえて絵コンテが公開されていた(→)のだが、DVD涼宮ハルヒの憂鬱7(amazon→)に収録が決定された模様。

絵コンテには「TVバージョンC-1の動きへ」「TVバージョンのC-2を兼用」など書いてある事から、静止画をずるっと動かしていたり小窓で鶴屋さんが動いていたパートが全作画される模様。
⇒ 続きを読む
 酷評ばかりが目立つゲド戦記である。キャシャーン・デビルマンクラスのものを覚悟して見に行ったのだが、そんなにひどくは無かった。

 一言で感想をいえば、3秒ほど考えた後に「素直な作り方で、よかった。」という事になるのだろうか。
⇒ 続きを読む
予告編を見ただけで鳥肌が立った上泣きそうになり、ちょっとそのやばさ故にまだ観ていない時かけなのですが、あずまさんが例の絵の落書きをupしていた。

二週間ほど前なので知っている人が多いかもしれないけどここでみれる。

絵、うまいなあ。あとやっぱこういう過去の作品への敬意の表し方っていいなあ、と果てしなくいやされる。
更級修一郎さんが悪口を言っている印象しか無かったという事もあって避けていたのだが、最近、見始めた。

作画は素敵なのだが、演出がクサいので嫌われてしまったのだろうかという印象。現在、二話あたり。ローゼンメイデンをまとめ見した時のような辞められない止まらない感が無いので、だらだらと見る予定。

⇒ 続きを読む
「NHKへようこそ」がアニメ化されて放映中。
まさかこの作品がと思ったのだが、wikipedia(06.7.31版)を見てみると「累計150万部を突破。 少年エースの読者アンケートはいつも上位で、良い結果が出ている」との事でそういうものなのかと驚く。

で、なんとなく自分の中でセットになっている作品が「げんしけん」だ。両方とも、オタな人たちを描いているし、同時期に刊行されているという程度のものだったのだが、丁度、NHKの新刊が出たので、ぱらぱらと読み返していると好対称な作品である気がしたので、メモ。
⇒ 続きを読む
宮崎駿と息子の宮崎吾朗が親子断絶だそうだ。(9.13に修正/追記。岡田斗司夫同人誌関係と鈴木氏インタビュー関係)


⇒ 続きを読む
 『涼宮ハルヒの憂鬱』は尋常では無い程、作りこまれている。ネット=ユーザーの空気を読んだネタ振りの巧みさについては後述するが、そもそもの基礎体力の高さも忘れてはならない。

 設定や世界観の作りこみというのは、ヒットする作品の最低条件であると思う。こればかりはマーケティングではどうにもならないと信じたい。
 『サクラ大戦』の広井王子がゲームセンター「CX」でこう語っていた。ジャンルはゲームとアニメと異なるんだが、物語産業として共有する部分も多いと思うので紹介する。

(朝倉涼子の呪文の検証動画、8.24に追加)

⇒ 続きを読む
 京アニがボケてファンが突っ込む。舞台はWeb2.0(仮)
 で、劇場の外では、CDが売られていたりする。
 メディアを中心に一言で語るとそんな感じになる。

⇒ 続きを読む
BACK  // HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。