戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 『空の境界』の五章である。
 七章「殺人考察(後)」が式とコクトーという二人に用意されたクライマックスだとすれば、五章「矛盾螺旋」は空の境界という物語に与えられたクライマックスである。六章は、偉大なる妹と七章への伏線のためという所だろうか。

 なによりも、ラストシーンが素晴らしかった。
 式がコクトーに照れながら「お前の鍵をよこせ」という。

(以下、ネタバレ。)
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
セーブデータが吹っ飛んでやる気がなくなっていたfateを1年ぶりくらいに再起動、高速スキップリードによりなんとか現状復帰し、桜ルートに進む。以下、ネタばれ全開。
⇒ 続きを読む
二度目。一度目と同じくテアトル新宿にて。

 異常な男性比率。カップルで来ていても、組み合わせが男女ではない。男男。女女。野郎どものための映画なのか。

 面白かった。

 自分の中で何が描かれているのか、何が描かれようとしているのかを頭の中にいれて、その上で見ると、身体の中があったかくなるような感覚に包まれる。要するに、これって照れくさいラブストーリじゃねえのという事に気がついてしまう。

(以下、ネタばれ全開につき。)

⇒ 続きを読む
 ようやく最近「月姫」を手に入れて、「fate」はセーブデータがいい所で飛んでしまい対策に悩み、「DDD」は唸りながら二巻まで読んだというTYPE-MOONというか奈須きのこ初心者な自分である。
 あまり同時読みもよくないと思って遠慮していた「空の境界」なのであるが、映画がはじまったので、テアトル新宿まで観にいった。
 去年の冬コミでこれの紙袋を持っていた人を大量にみかけた気がしているのだが、もう1年経った?はやい。

 「俯瞰風景」は、九十年っぽい感じが終始しているうちに終わった。
 はじめてみるんだけど、デジャブ感がある。もはや懐かしい感じさえする。
 自殺する少女というモチーフも、「謎」を「謎」のままで引っ張っていくような方法も。
 根底に流れる世界への絶望も。
 ひとつの時代の様式を感じさせる。

 一言で言えば、変なノスタルジーを感じているうちに、消化不良でなにか引っかかったまま終わってしまった。

 気になったので、ネットに転がっていた初出の空の境界を読んでみる。「俯瞰風景」と次の「殺人考察」まで。
 (この作品は、1998年~同人サークル「竹箒」のウェブページに掲載。2001同人出版。2004商業出版。という経緯を持つ。現在は、「竹箒」上からは削除されている)

 さすがに少しは理解できた。
 しかし、小説版にして作者がこう言い張っているのである。

⇒ 続きを読む
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。