戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『かんなぎ』の放送が差し迫ってきました。期待がみなぎっています。

 放送前にDVDを買わなければ漢ではない気がしてきたので、この前予約をしにいってきました。倉田さんみたいに、五枚は買えないですが…(『倉本』参照のこと)。

 あらためて、『かんなぎ』を読み返しています。

 人に進める時、『かんなぎ』ってどういう話?と聞かれた時にどう答えればいいのか。
 前にこのブログで考えてみた事はあるのだけど、このアニメ放映のこのタイミングで考えてみたい。


 『かんなぎ』は派手ではありません。
 奇抜な構造や目を引くプロットがあるわけではありません。
 丁寧につくられているというような印象があります。もちろん、にやりとさせる仕掛けはあちらこちらにあります。けれど、それはかつての『あずまんが』のコピーにあるように、笑った人だけが面白いという世界に近い。

 机の上に魔法スティックがささっている横で、センベイをかじっているナギ。
 うまいん棒をパンに挟んで食べるナギと、それを素朴につっこむつぐみの対比。あまつさえ、サラサラにくだいてご飯の上にかけてしまうナギ。
 何度も何度も仁とナギのクライマックスに「遭遇」してしまうつぐみ。
 物語が一段落した後に、語られるナギ達の仕草そのもの。例えば、つぐみとブラを買いに行くナギ。部活メンバーでカラオケに行って、彼らの選曲や盛り上がりっぷり。夏合宿での水着回、秋葉の同人誌を皆で手伝う部活メンバー達。

 これらのエピソードに漂うなんどもいえない芳香。なんともいえない魅力。これが『かんなぎ』の魅力の中心であろうと思います。よくある話だけれど、キャラクターが生きている。ただ、この生きているという感覚を言葉で共有するのがすごく難しい。

 それを支える技術的な魅力については語ることができる。

・絵の魅力、底力
 一枚絵でその女の子/男の子を可愛いと思わせてしまう魅力を武梨さんの絵は持っている。女の下半身とか好きだと公言している武梨さんだが、斜め上から見下ろしたときのカットは特に魅力的だ(一巻のP14のナギ、三巻のP100のざんげちゃん)。

・伏線の張り方の上手さ
 話を運ぶ時に、あるキャラクターが一つの行動をとるにいたる理由付けとなるシーンが必ず描かれている。つぐみは無意味に仁を異性として意識するのでもなく、仁はナギに無意味にドキドキするのではない。
 そういった意味で、データベース的な感覚とは正反対の作品であるように思う。徹底的に生身である。

・お約束
 例えば、主人公の事を好きな女の子が、主人公が別の女の子とあわやというシーンでばったり出会うというようなお約束がある。
 つぐみは、4回か5回こういったシチュエーションに遭遇している。この過剰さもつぐみらしくて可愛いのだけれども、その一つ一つが別様のリアリティを持っているからこそ(先の伏線の丁寧さ)、奇麗にお約束として機能している。
 いまや使い古された「お約束」を魅力的に描けるというのは、実は難易度が高いのではないか。過剰さやそのシーンの構築力を持っていなければならない。

・イレギュラー
 よつばとの次女のTシャツのような魅力とでもいおうか。
 アンソロ時代の武梨さんはこういったカオスさが一つの魅力で、それは『かんなぎ』にも受け継がれている。
 うまいん棒、ロリっ娘キューティー、カラオケでの選曲、海有の衝撃的な設定など。

時間が無いので取り急ぎ。
次は、第一話が公開された後にでも『かんなぎ』の話をします。

 シチュエーションもキャラクターも物語も、どこかで見たようなものばかりである。
 しかし、武梨えりの凄さはそんな所にあるのではない。

 書き込みの密度が半端無いのだ。

 といっても、絵が黒っぽいという事ではない。 キャラクターやキャラクターの関係性や心情、シチュエーションといったマンガ全体がもっている情報量の密度が濃いのだ。

 前著『TAKE MOON2』のあとがきマンガにこうある。「タイプムーンに萌え転がるパワーの余剰で生まれた様な本でございます //ぜひ一緒に転がって頂けたら幸いです」

Takenashi 01
TAKE MOON2 より

 グレンラガンの放映中武梨えりは、連載を抱えて忙しいはずなのに、パロディイラスト満載の特設サイトを開いていた。そのあまりの面白さで、武梨えりを知った。その縁か、武梨さんは週代わりで切り替わるガイナックスのトップ絵を描いていた。特設サイトの方は残念ながら削除されてしまっているが、ガイナックスのトップ絵の方は今でも見る事ができる

 画面一杯にニアが溢れかえっている。作者の萌え転がり、武梨えりは「怨念(?)」とイラストのコメントに書いているが、そういった感情がそのまま作品に叩き付けられている。

 このパワーの余剰が「密度」に置き換わっているのだ。『かんなぎ』でも同じだ。一度、武梨えりという蒸留装置を通して得られた濃度の高いエキスで、『かんなぎ』は作られている。このエントリを描こうと思って1ページ1ページを丁寧に追ってみたのだが、読めば読む程に面白い。
 
 同時代や同じ作品を通過してきた、同じ記憶のアーカイブを共通して持っているという事も、武梨えりの面白さに繋がる。

⇒ 続きを読む
BACK  // HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。