戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『天空の城ラピュタ』がこの前の金曜ロードショーで放映された。

 自分もたまたまいた3~4人とテレビを囲んで、twitterの実況をしながら楽しんだ。
 あの飛空艇の名前なんだっけ?とか金田さんの作画なの?とかジブリで一番好きなのって何?とかそんな会話が飛び交う。名言を言いたい欲望を止めることはできず、ITMediaによれば、例のシーンでは「バルス」と、2万回程度書き込まれたそうだ(buzutter調査)。

 のべ2万人という人がtwitterとテレビを通じて繋がっていた事になる。実際のtwitter実況をしていた人が半分だとしても1万人だ。この規模感と拡がりをもった感覚はとても面白かった。

 自分が、放送終了後につぶやいた事。

テレビは同期性が最高の強み。ラピュタ、twitterでタグつけてる人だけで一分間で4000近くバルスと書き込んだらしい。擬似的に数千人とテレビ見れるって楽しかったな。twitterならではの同期感。2ちゃんの実況とはちょっと違う。ここまで時間シンクロするのはTVくらいだろうけど。http://twitter.com/panypony/statuses/5890948041


 1万人近い人間と「バルス!」と叫ぶ、こんな不思議な一体感がとても面白かった。


Myrmecoleon in Paradoxical Library.バルスフイタより画像リンク

 テレビの面白さがtwitterのつぶやきで可視化されたみたいだ。テレビならではの面白は、多くの人と同じ映像を見ているという事から生まれる。もちろん、これはテレビのつまらなさを生むことになる。一体感に繋がっていくのか、見たくも無い映像を見せられていると思うか。ここら辺は『ラピュタ』ならば概ねクリアーとなる。

 twitterは2ちゃんねるのように一つの話題のスレッドに書き込むわけではない。ただ、個人がつぶやいているわけだ。ハッシュタグをつけずにつぶやいていた人がほとんどだろう。

 なので、twitterで「実況」が成り立つためには基準となる時間軸をユーザー間で共有する必要がある。

 ネットサービスのユーザー間の「時間」の共有について書かれた濱野智史氏『アーキテクチャの生態系』の第六章をみてみよう。

(以下、追記)
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
5分でわかる~は一回使ってみたかっただけです。サーセン。

津田大介『Twitte社会論』を読んだので紹介してみる。

twitterに関して知らない事がいっぱい乗っていた。
140字という制限がアメリカの携帯電話ネットワークの制限から生まれた話だとか(28頁)。

以下、目次に沿って紹介。

3章+対談という構成。

1章「twitterとは何か」
 twitterの紹介として6つの特徴が挙げられている(「リアルタイム性」「強力な伝播力」「オープン性」「ゆるい空気感」「属人性が強い」「自由度が高い」)。
 「リアルタイム性」に関しては、コミュニケーションがリアルタイムであるという面と、時系列順のデータとして価値を持つという二点が指摘されている。
 「オープン性」というのはAPIを公開して、twitterのデータを利用したWebサービスの構築を可能にしているという事だ。
 あとは、読んで字の如し。

2章「筆者のツィッター活用術」
 twitterの有名ユーザーたる津田さんによる体験談やハウツーといった実用講座。
 tsudaり方の注意や、どんなことに注意してツイートしているか、など。

3章「社会に広がるツィッター・インパクト」
 ジャーナリズム・政治・ビジネスという3つの領域で、抑えておくべき「事例」が列挙される。
 「90年代半ばに感じた「ネットが持つ無限の可能性」を、今再びある種のノスタルジーも含めて、ツイッターに仮託しているのかもしれない。(あとがき)」というきらいが無きにしもあらず。

 ■ジャーナリズム
 「伝達機能」「監視機能」「構築機能」はtwitterで可能か?という問い。筆者の職業がジャーナリスト、力点が置かれている。
 「伝達機能」
 ・08年5月四川地震の第一報はtwitterでのつぶやき→ブログへの転載 といったルートだった
 ・08年11月ムンバイテロは、写真共有サービスのフリッカーで写真がばらまかれた
 ・08年6月 秋葉原連続殺傷事件。筆者の友人のミクシィ日記での中継やユーストリームでの実況
 →情報の信頼性をどのように獲得するか

 「監視機能」
 ・09年4月、モルドバ共和国の選挙。選挙に不正があったのではないかという運動がtwitterで起こる。
 ・09年6月、言論統制化のイランでのネットを使った選挙運動。
 ・政策決定プロセスへの参加として、アメリカの「新クリーンエネルギー法案」や日本の「PSE問題」。

 「構築機能(アジェンダセッティング)」にはあまり事例無し

 ■政治
 ・オバマとマケインの大統領選挙戦。ネット献金5億ドル。
 ・政治家のtwitter利用。アメリカの例、日本の例。日本版まとめ「ぽりったー」
 ・09年9月の、民主党記者クラブ問題。
 ・タウンミーティングのネット化。アメリカ・オバマ「Change.gov」、イギリス「number10.gov.uk
 ・議員による国会議事堂中継。
 ・日本の場合選挙利用はグレーゾーン。
 ・英国ではtwitterのガイドラインがある。

 ■ビジネス
 ・デルがアウトレットPCの情報をtwitterに流す。130万以上のフォロワー。
 ・09年3月米調査会社ガートナーが企業の利用に4パターンあると報告。これに沿って紹介している。
  「直接型」:マーケティングや広報のチャネルとして。デルのごとし。
  「間接型」:社員が企業内の個人としてつぶやく。
  「内部型」:企業内コミュニケーションとして。09年8月 EC Studioの事例。
  「情報収集型」:競合他社やユーザーをモニタリングしたり検索したり
 ・http://business.twitter.com/twitter101/
 ・アメリカの格安航空会社、ジェットブルー・エアウェイズが、困っているユーザーを検索して、企業からサポートをはじめる。130万人以上のフォロワー。
 ・「Tasti D-lite」や「ペプシ」などの事例。
 ・とはいえ、twitterを利用すれば成功というわけではない。また、成功事例をただ真似してもしょうがない。ビジネスに応じて、切り開いていく必要がある。

勝間さんとの対談「つぶやく力」
 違った視点が入ってくる。以下は勝間さんの意見。
 ・140字にまとめるという作業は、万人ができるというものではない。
 ・インタラクティビティの作られ方がストア型に作られているのがフィットする。(チャットや電話などの同期システムではなく擬似同期システムであるという事でありますね)
 ・モバイルPCやiPhoneを使える層=30代後半男性が中心ユーザになって、そこから拡がりを見せるのか?使い方が難しいサービス。
 ・誰か、おそらくは非IT業界の人が面白い使い方を考えてくれるんじゃないかと期待。

まとめていて思ったのだけど、何年何月という情報が必ず入っている。
あと、ツィッターに限った話ではない。ネットによってエンパワーメントされた個人が「ジャーナリスト」や「政治」に何を起こすのかという論点だ。その動きをtwitterは加速させるだろうと筆者は予測しているわけだ。

副題は、「新たなリアルタイム・ウェブの潮流」となっているが、その通り、現在をざっくりと切り取る。そういった本になっている。
⇒ 続きを読む
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。