戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前にこのブログでも、おにぎり少女ことみゆきちゃんのスパムを紹介した(おにぎり1個の女 )。

1年近く自分の所にはいい感じのスパムが送られて着ていなかったのだが、


力作の AA 見てください!お願いします!

というタイトルのメールがやってきていた。で見てみると…。
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
とあるページを見ていたら、テキスト広告でこういうのがあった。


認めたくないものだな。クレーム管理に簡単DBが最適だなんて


思わずクリックした先がこちら。(広告主に迷惑がかからないように諸々削除済)

サイボウズデジエの紹介ページで、見出しには「クレームのスピード対応で取引高が3倍になった事例」とある。

うーん。ということは、サイボウズデジエを選択するって事は若さ故の過ちという事なんだろうか。

■関連エントリ
赤いiPodに関してシャア専用に言及したエントリまとめ
google先生ご乱心
御大に関する誤配
日経ハルヒ記事の要約第二段。という事で、ランティス編。
前のインタビューがビジネスよりな話がメインだったのに対して、製作風景の裏側の話がメイン。

恋のミクル伝説をリアルにとちらせる為に、わざとクリック音を出さなかったというあたり、涙無しには読めない。真剣に遊ぶというのは大変だ。

ライブアライフでの、京都アニメーションの気合の入りっぷりにランティスの現場も盛り上がっていく。そうやって作る人のテンションが上がっていったから、面白いものができた。後は、角川がそうやってお膳だてをするノウハウと体制がすごい。

という事で、以下。日経Bpによるランティスの井上俊次社長、松村起代子取締役、「ハルヒ」担当プロデューサー斎藤滋さんのインタビューの要約・抜粋。
⇒ 続きを読む
日経Bpの山中記者が、角川スニーカー文庫とランティスに突撃をかけていた。ランティス編に関しては、みたいもんの中の人を切込隊長として連れていった模様。

日本のコンテンツビジネスはこうなっているのかあ(棒読み)的な面白さもあれば、涼宮ハルヒの現場を知る事で、どうしてあのような怪作が生まれたのかを推測することもできる。記事全文はこちらからみれます(→)。

この記事はライブ感を重要視する為かあまり加工されておらず、スニーカー文庫編とランティス編を合わせて6万字くらいある。後は、ページが10個くらいに分かれていて読みにくいとか、もう一回涼宮ハルヒについて考える材料にしてみたいとか色々あって、要約してみた。角川編・ランティス編・考察編と続きます。
⇒ 続きを読む
ゲームボーイアドバンスの移植作でファミコン版マリオをたまにやっているのだが、不思議なもんで、体調が悪いとマリオが下手になる事を発見した。

⇒ 続きを読む
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

10 ≪│2006/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。