戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ジューヌ・ヴェルヌの海底二万里を読んだ。

海底二万里 (創元SF文庫)
ジュール・ヴェルヌ
4488517048


 一言でいえば、潜水艦にのって世界一周を旅する事になる学者先生と愉快な仲間たちによる冒険話だ。それだけの話なんだけど書かれた時代が1870年なのだ。解説の文書を読んでいるとこの時代には潜水艦は世界に存在していなかった。空想を拡げ、当時の深海に関する知識を総動員して、あり得ない冒険をでっちあげたわけである。

 「科学」や「自然」に対する捉え方が今とは全然異なっている。科学は万能であり、自然は汲んでも汲みつくせない無限の資源である。地球にはまだまだ未知の場所、未知の可能性がある。海底二万里での冒険。原住民との戦い、海底火山を背景にひろがるアトランティス大陸、南極に人類で初めて立つ、大ダコとの戦いなどなど。もっと、素朴に目の前にひろがる風景にも純粋な好奇心が現れている。海底で狩を楽しむ。発光するクラゲで真っ白になった海の中を突き進むノーチラス号、オーロラ、地球の海ごとに異なっている魚、生態系。クジラやイルカ、ジュゴン。地球上に冒険があった時代の作品なのである。

 藤子不二夫のドラえもん長編ではないが、科学的な「知識」や「教養」を物語の枠組みで伝えるような所もある。

⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

04 ≪│2008/05│≫ 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。