戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 前回(第十一幕)で、ナギと仁は喧嘩をする。
 「ナギは何者なのか?」という問い。それは、ナギにとっても「わからないということさえわからなかった」という「地雷」だった。そして、売り言葉に買い言葉。前回の最後、ナギはどこかに消え、オオヌサだけが屋上に取り残された。

 そして、第十二幕「ほんとうにエフェメラル」。
 第十二幕「エフェメラル」では、独り残された仁を描く。シリーズ構成にしろ、演出にしろ、作画にしろ、演技にしろ、全てがからみあった凄い回だった。

 「エフェメラル」では、仁しか描かれない。ナギは完全に姿を消して、画面に現れる事もない。唯一出てくるカットは、仁の夢の中で死体となったナギである。声すらも、仁の幻聴という形でしか登場しない。徹底的なナギの不在、そして、その現状を受け入れ、立ち向かい、絶望する少年の姿が描かれる。
 それ以外は描かれない。素晴らしい決断。

■仁が独りになった40時間
 久しぶりに、映像に「時間」が流れている回である。仁が経験する「ナギの不在」という40時間を徹底的に描こうという演出家の、固い意思を感じる。
 「エフェメラル」では、ナギと喧嘩別れした後から翌々日の朝までの約40時間、仁の姿をたんたんと追いかけている。そこでは、ドラマは起こらない。
 ドラマが生起しないが故に引き延ばし策であるという意見もあるが、それどころか、ドラマが起こるまでのエネルギーが内に内に溜め込まれていくシリーズ構成上欠かせない回である。緩急のついたシーンとシーンの繋がり方、どこを切っても絵になる練り込まれたレイアウトなど、映像としての緊張感も高い。何よりも仁と共に仁の焦りや後悔が煮詰まる様子が、仁の行動や表情、そして40時間という時間が語りかけてくる。

 順番に見て行こう。


⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

 カラオケ回だけで、一話。
 そういう思い切りの良さが、山本寛っぽい。

 『涼宮ハルヒの憂鬱』にはまったきっかけ、山本寛という人を意識せざるを得なかったきっかけが、放送1話「朝比奈ミクルの冒険」だった。ここでは、最初から最後までハルヒ達が文化祭用に撮った学生映画が流れる。その学生映画を再現する為に、逆光・手ぶれ・矛盾のある演出まで、考えられる技巧が凝らしてある。そして、大事なのは「朝比奈ミクルの冒険」がDVDの特典映像ではなくて、放送の1話目で流れたという事だ。私を含めて、初めてテレビアニメでハルヒを知った人の驚きやいかん。これは劇中劇なのだと途中で気がついた時の感激やいかん。なのである。

 こういう視聴者への挑戦とも信頼とも取れるシリーズの構成をしてくるあたりに同じ匂いを感じる。

 アニメオリジナル回だと誤解している人も多いのだが、原作にあるカラオケ回を膨らませたもの(3巻に収録)。

 まんがでカラオケを歌うという回を描く武梨えりも武梨えりだが、それを受けて、神前暁に作・編曲して歌わせる山本寛も山本寛だ。
 ざんげちゃんはアニメオリジナル楽曲であるが、それ以外の楽曲は、原作ではサビだけ歌っている曲にそれらしく作曲をして、前後の部分も補完したものである。それぞれの曲の作詞は武梨えりとはなっていないが、曲の方向性/コンセプターはいうまでもなく武梨えりのものである。

 余談だが、作詞/作曲 武梨えりである所の『ハロー大豆』がプチブーム中。こんな動画なぞ。

 さて、今回はアニメ版かんなぎの収穫ともいえるエピソードだった。
 カラオケの隣に座って欲しくて微妙な仕草をする「つぐみ」、ざんげと目線でやりとりをしてちょっと怒る。それだけで可愛いのだ。

 カットをテンポよく積み重ねる事で、説明過剰にならずさらっと状況を表現している。
 以下に見てみよう。

⇒ 続きを読む

この第十一幕から最終回の第十三幕までは、ナギと仁を中心に物語が進む。

ナギと仁が喧嘩をする。

問題の種となるのは、『ナギ』とは何者なのかということだ。
ナギは悩み、仁はそんなナギを受け入れようとする。

第十一幕では、「オオヌサ」を象徴的に使っている。

 オオヌサはボロボロになってしまっている。パワーアップしたいというナギだが、余計な出費をしたくない仁は軽く拒否する。しかし、仁はそのボロボロになったオオヌサに、今までナギと過ごして来た時間を思い出す。仁は、ナギが風呂に入っている間に、オオヌサを修理する(おそらく半紙を張り替えたり、汚れた箇所を拭き取ったり……)。

Kannagi11-1

 ナギは風呂上がりに修理されたオオヌサを見つける。そして、ナギは皿を洗っている仁の所に行く。「三千円くらいまでなら」と譲歩する仁を遮って、「これでいい」と言うナギ。そして、「明日からこれでばりばり祓う!仁も頼むぞ!」と言うのだが、その表情はなんともいえず、嬉しそうである。

Kannagi11-2

 しかし、その翌日に二人は衝突してしまう。仁は、「ナギ」とは何者か、という地雷を踏んでしまう。ナギは一人学校の屋上で思い悩む。そして、雨の中、ナギは二人の絆であるオオヌサを置いて独り立ち去る。

Kannagi11-3

 オオヌサを巡る絆の確認のエピソード、はアニメオリジナルである(まんが版は自転車置き場に落下する仁から始まる)。二人の絆の再確認、そしていつもの喧嘩とは違う不吉さを表すのにオオヌサは効果的に使われていた。

 けれど、25分足らずの物語の冒頭に仁とナギが絆を再確認するシーンを描き、視聴者にその記憶が新しい中で二人が喧嘩、しかも決定低的な喧嘩をしてしまうエピソードを入れるのはちょっと無理がある。視聴者の感情の流れがつい逆流してしまうのだ。結果として、ナギと喧嘩をするシークエンスが少し急すぎる印象を持ったし、その展開に感情移入がしずらくなっている。

#二人の「喧嘩」の直前に美少女ゲーム風イラストをバックに貴子が「スクールデイズ」とかいったりする。こ
れも感情の流れがストップしてしまうので、個人的にはちょっと疑問だった。

Kannagi11-5

 さて、本題である、仁とナギの喧嘩のシーンである。

 喧嘩のシーンでは、アニメ版と原作版との間で少しセリフが異なっている。この小さな変更点が、喧嘩の意図を大きく変えてしまっている。結論を先にいえば、原作ではナギが問題の中心にいるのに対して、アニメでは仁が問題の中心にいる。
 端的にいえば、原作版ではナギが怒るのに対して、アニメ版では仁が怒るのである。

⇒ 続きを読む
誹謗中傷説をようやく否定。

 二年後あたりにこのページをみた人はなんのことだと思うかもしれないけど、今の『かんなぎ』を取り巻く空気はこういうスキャンダルやネタで食いついてくる人が多くて、作品があんまり語られないのがちょっと残念な感じなのだ。

 ニコニコのコメントを見ていてもなんだか目を覆いたくなるものが多い。で、これでちょっとは沈静化の方に動いてくれたらと思うと嬉しいのだが、ちょっと気になる単語がニュースリリースに。

「突然急病で倒れられ、そのまま緊急入院 となり休載のやむなきに至りました。その後手術も成功」

ってこれ、武梨えり、かなりヤバい状態だったんじゃないか?
今に至っても、連載の復旧予定を明言できない程度の手術/入院。
「執筆の再開に向けて意欲」ってくらいだから、致命的な事にはなってないんだろうけど…。

私たちは、今までに「消えたマンガ家」という人をたくさん知っています。武梨さんにはそうなってほしくない。希有なセンスと、巧みな構成力を持った人なので何か読みたいというのもあるけれど、ずっとマンガを描くことを好きでいて欲しいと思っております。

なので、今は心身共にリフレッシュして頂けたらと、切に。

【08.12.12】『かんなぎ』休載につきまして

『かんなぎ』の休載につきまして読者のみなさまにご心配をおかけいたしております。
武梨先生はREX12月号の原稿執筆後に突然急病で倒れられ、そのまま緊急入院 となり休載のやむなきに至りました。その後手術も成功し、現在は順調に快方 に向かっています。
「ComicREX」1月号の発売以降、「武梨えり先生が誹謗中傷によって休載した」という報道が一部でなされましたが、これは事実ではありません。
武梨先生は現在も入院中でありますが、執筆の再開に向けて意欲を示しておいでです。

読者のみなさまには、武梨先生のご快癒をお待ちいただけますようお願いいたします。
株式会社一迅社
「ComicREX」編集長
杉野庸介

ソース
何が向こう側で起こっているのかはわからない。

ただ、ネットでは一連のアンチかんなぎの流れに位置づけて解釈されている。

たとえば、こんなブログ。
か ん な ぎ 連 載 休 止 決 定 ・゚・(つД`)・゚・

全然、的外れな可能性だってある。
けれど、そうなのだとしたら、最悪だ。最悪だとしか言えない。

『ゼロ年代の想像力』を思い出した。自分にだけ通じる小さな正義を振りかざす。その結果、ちょっとでもその正義に外れたものを排除する。そうする事でその小さな正義を維持しようとする。バトルロワイヤル的な状況と著者はいっていたが、まさにそれだ。

まんがが自分達の勝手な正義に反する展開をしたとして、その本をびりびりにやぶくというパフォーマンスをするか?作者に礼儀を欠いたメールを送ろうと掲示板であおったりするか?

そういう人たちは、自分達の正義が好きなんで、『かんなぎ』が好きなわけじゃない。
けれど、そんな人たちに『かんなぎ』という作品を、武梨えりという作家をつぶされては困るんだ。

ネットでは声の大きい人があたかも主流派であるかのように見えてしまう。
批判の方が言いやすいし。けど、実は違うだろう。普通に、『かんなぎ』の展開がどうなるかをwktkしながら待ってる人の方が多いはずだ。
作者の元には、批判メールがコピペで大量におくられているかもしれないけれども。

だから、おれはかんなぎについて、ここで、いかに好きか、何故面白いのかをしばらく語りつづけたい。
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

11 ≪│2008/12│≫ 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。