戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一点目。
エンドレスエイト。普通の夏休みの話。

原作『涼宮ハルヒの憂鬱』はメタライトノベル(=メタ萌えアニメ)であるという言い方をされる。このエンドレスエイトはまさにこのメタ萌えアニメ感に満ちていた。

えーと、冒頭から挙げると、プールで水着、仲間とショッピング、浴衣で夏祭り、川辺で花火、虫取り勝負、着ぐるみを来てバイトする、天体観測、バッティングセンター、花火大会、釣り、肝試し、映画鑑賞、ボーリング対決、カラオケ、夏休みの宿題、をやらずに妹とゲームで遊ぶ。これらは学園ものの定番のモチーフなのだ。

それは全てハルヒの計画に従っている。こういった自覚的な入れ子構造がとられていて、とくに今回は これらが20分強に詰め込まれているという無理矢理感も含めて「メタ」感が強く出ていたように思う。

これを順当に展開させたのが、野球回であり宇宙戦艦バトル回であるわけであります。

二点目。

「エンドレスエイト」。そのタイトルを訳せば、「終わらない八月」とでもなろうか。恐らく、来週はキョンが高校野球を見ているシーンから始まるだろう。 この話は八月がループする話で、今週とほとんど同じ風景が描かれるだろう。で、途中で気がついて解決編みたいなお話だろう。

ここで重要なのは、キョンと同じ体験を視聴者ができる仕掛けをとっているという事だ。キョン=視聴者という視線が一貫している。だとすれば、視聴者の前に提出される映像は愚直にループされていなければならない。

この仕掛けは、ややこしいお話である『ハルヒ』を妙なリアリティをもって我々に迫ってくる事の一因となっている。

そして、キョンとハルヒの恋物語ということは、視聴者と萌えアニメの関係性の象徴的関係の表象という事になる。大昔のギリシア人が愛と正義を象徴化させたキャラクター達を抱き合わせていたように。


09.8.3追記。
このエントリはエンドレスエイト一回目直後に書いたもの。
その後、現時点で7回のループが確認されている。
こうなれば、斜線を引いた読みは困難になってくる。
視聴者の記憶をキョンは共有していないのだから。
視聴者と物語を共有できるのは長門有希しかありえなくなってくる。
上記は、どちらかといえば一期ハルヒの読み方となります。
と、上記訂正します。

***

ハルヒについてもけいおんについても書きたい事は少しあるですが、ちょっと時間が無く。日曜日に何かupできるかもわかりませんが、とりあえずはエンドレスエイトの覚え書きでありました。
スポンサーサイト
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

05 ≪│2009/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。