戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※タイトル変更しました:旧>シミュレーションとしてのアニメーション:アニマス1話のモキュメンタリーをみて

■ドキュメンタリー風の演出
アイマスの第1話は、ドキュメンタリー風の演出がされています。
#直接のパロディ元は『プロフェッショナル』でしょうか。
#黒い背景に中央1行で白テキスト・さらにそこに重なるピアノのポーンという音、小鳥の紹介の字幕など

 最後にはこのドキュメンタリーのカメラマンとして新人プロデューサが参加していたという事が明かされて、話のオチになっています。今まで見てきた画面は、新人プロデューサーの視線でしたと、ひっくり返されます。同じように画面を見ている視聴者=新人プロデューサになるというそういう仕掛けです。

 この設定を知ってから見直すと味わい深いものがあります。 カメラマンに怯える雪歩だったり新しく入ってくるプロデューサーの話題をしながら目配せをする律子と小鳥だったりと、カメラマンに対してリアクションをするアイドルの皆さんが丁寧に描かれています、
 前半部分では(あなたにとってアイドルとは何ですか?という質問まで)早朝からはじまって日が暮れて夜になって終わるまでの時間の経過が描かれます。 丸1日の密着取材で、事務所の中やCDの販促、オーディションやライブ会場を巡って765プロ所属のアイドル達と出会ったというわけです。

 ドキュメンタリー演出として白眉なのは、後半部分の「あなたにとってアイドルとは何ですか?」という質問に答えるアイドル達が次から次に映し出されるパートでしょう。次から次にアイドル達が登場するのですが、前半部分と同じ背景・同じ構図で描かれます。美希はジャージを来て床にぺたりと座り込んでいる。貴音は屋上で髪をなびかせている。

 これらは撮影したフィルムを編集して、一本の映像にまとめた、という演出です。当然ながら、アニメーションはテープで取材者を様々な場所で撮影をしているわけではありません。が、そこに制約を加える事でドキュメンタリーっぽさを表現しているわけです。こうやって配置を変えるだけで、 そこには存在していなかった取材テープの存在すら浮かび上がってくる。見事です。

⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

06 ≪│2011/07│≫ 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。