戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■「スポンサー広告」カテゴリの他の記事を読む。

 今宵は古畑任三郎などを見る。脚本家を犯人役にする事で、三谷さんが自分自信をネタにしているのが面白い。松嶋菜々子に「ちょっと視聴率が下がったくらいで、すぐマスコミの人は騒ぎ立てるでしょう。もっと、暖かく見守って欲しいわ」とか言わせるあたりは、さすが。三谷さんのキャラクターが行間(?)から匂っていて楽しい。

 物語的には、成長したいという欲望と挫折を、双子という設定を使うことで、非常にわかりやすいものになっている。変わりたいと思う、けど、なかなかうまくて壁にあたる。そこら辺が例えば、同じ顔をした妹を殺し、ダンスやグラスについた口紅などの、頭じゃわからない部分、身体的な部分が拒否をする。って人は自分が何者かをしった段階で、その繰り返しをするしかないわけである。

 ドラマでは、古畑が最後に「人は変わる事ができる」と前向きに終了。完全に、制作陣にコントロールされたような感じで、完成度高い。ということで、あまり、書くような事はないんだけど、一応。

 RSSリーダーで購読する


関連記事

■関連エントリ
カテゴリ:未分類
タグ: テレビ
次のエントリ;おさるさんの映画をみた。
前のエントリ;続・スパム



管理者にだけ表示を許可する
http://nipponia.blog44.fc2.com/tb.php/10-97beda3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。