戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■「スポンサー広告」カテゴリの他の記事を読む。

ひぐらしのなく頃に、という作品にであう事の無い人に届く可能性が広がるのなら、良い企画かもしれない。むしろ、野心的な試みかもしれない、と思っていた。
とはいえ、現在断片的に伝えられてくる映像を見ていると、その期待感が急速にしぼんでいく。

同人ノベルゲームや、アニメーション作品というだけで、手に取る事をやめる人、見る事を辞める人は決して少なくない気がしている。生活上の実感として。

同じように鬼隠しをインストールしても、クセのある絵が無理でプレイを辞めてしまった人もいるだろう。そんな状況下でアニメ化はそういった人たちに間口を開いた。

アニメ版は優れた作品とはいえない。アニメ「ひぐらし」では、次から次に必要最低限のイベントを右から左に流して行く。マンガ版にも同様で、講談社BOX版で上下二冊、に対してマンガ版は上下二冊であるといえばいかに無理な圧縮が行われているかが分かるだろう。原作版にあった感情の流れは切り刻まれて、ダイジェスト的にならざるを得ない。

だが、アニメ化や漫画化は、原作自体へのプロモーションフィルムとしては評価できるだろう。もしくは、ニコニコ動画への素材の提供源としては価値があった(部活のシーンにしても、ユーザーが手を入れたものの方が臨場感が出ている)。広告としてのアニメや漫画、作品としての原作やプレステ版やドラマCDといえる。

さて、実写化である。先の図式でいえばより広範な層にひぐらしという作品を告知できれば良いという消極的な期待、あとはひぐらしが持っている物語としての面白さがどこまで異種格闘技戦的に通用するのか見てみたいという積極的な期待がある。

しかし、そこには大きな困難がある。「お約束」をどうやって映画に翻訳するのかという困難である。

ある物語に接する時、そのメディアのお約束を我々は自明のものとして読み込んでいる。それは、アニメのものでもゲームのものでもいい。従って、その範囲内で了解する。それが高度に分化すると、誰にも理解できない世界が生じてくる。

鉈を持っている女の子を頼もしいと思えたり、可愛いと思えるようになるまでの飛躍を支える「集積」。雛見沢に住んでみたいと思えるような感覚がゲームでは構築されている。

レナの底抜けに明るい表面、ゴミを家に持って帰るというちょっと変わった癖という表面上のキャラクター。それをまず、私たちはちょっと風変わりなキャラクターとして受容する。しかし、鬼隠し編の後半ではレナの豹変が描かれる。その豹変の「動機」を想像する中で、レナというキャラクターは立ち上がってくる。
罪滅ぼし編では、レナの「はぅ~」という口癖が、自らの抱える深刻な問題を逃避する為の魔法の言葉なのだとされる。この「内面」こそが「動機」ともなるわけである。

萌えキャラを演じているという内面を持った女の子としてレナは描かれている。同じように圭一視点で見えるひぐらしのキャラクター達は、基本的には何かを演じている存在である。後のシナリオになると判明するが、一人称の主人公としては圭一はかなり性能が悪い。出題編でのキャラクター認識と世界の認識は解答編で何度も裏切られて行く。
その繰り返しの中で、私たちは複雑な内面をもったキャラクターを獲得してきたわけである。

実写版においては、キャラクターが実際の身体を持っているという事が、足かせになるような気がしてならない。鉈女が可愛らしいという無茶を想像力の世界で補っている。そのリアリティを補強する力を持った女優と演出があり得るのだろうか。

女優が「はぅー」といえばいいという問題ではなく、単に可愛いキャラクターとして作り込めばいいというわけでもない。そういったキャラの複雑性や多層性を翻訳できるのだろうか。

罪滅ぼし以降で明確になる梨花が背負った運命ともいえる世界の構成についても同様だ。ある物語を観察しているプレーヤーがいる。同様に、ある物語を観察している登場人物が現れる(皆殺し編)。そして、観察からその物語に介入する(祭囃し編)。この位相の変化がもたらすダイナミックさを果たして再現できるだろうか。

ひぐらしのもっている面白さの翻訳にさえ成功していれば、より広いターゲットを巻き込める作品に昇華することができる。表面上はひぐらしじゃないけれども、観るとひぐらしだと心の底で分かるような作品。



とはいえ、現在伝わってくる映像を見ているとその困難に立ち向かっているようには全く見えない。例えば、スカスカのゴミ山を見るときに感じる脱力感。あそこを隠れ家にしようとするレナになんの説得力もない。もちろん、この短い映像を見ているだけで決めるのは早計である。良い風にも悪い風にも裏切られる可能性があるなら、良い風に裏切られる事を期待しておきたい。

監督のキャリアを見ていると、ホラー系の作品を多く手がけている。鬼隠し編に関して言えば、隣の家に住んでいる女の子に殺されるような恐怖感が再現されている事を淡く期待している。最悪なのは、仲間を大切にすればいいというようなスローガンがなんの強度もないまま垂れ流されてしまう事だろうか。

 RSSリーダーで購読する


関連記事

■関連エントリ
カテゴリ:エッセイ
タグ: ひぐらし
次のエントリ;作家でアニメを見る。
前のエントリ;ノベルゲームを快適にプレーするノウハウ


>クセのある絵

素直に下手って言えよ
【2009/02/19 Thu】 URL // VIPPERな名無しさん #- [ 編集 ]
下手だけど、竜騎士さんの絵じゃないとひぐらしって感じがしないのも事実であります。最初はうわあって思うんだが、鬼隠しラストあたりで気にならなくなり、解くらいにはそれじゃなきゃ駄目だみたいになっていたり
【2009/03/07 Sat】 URL // 管理人。 #v0W2OX1k [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://nipponia.blog44.fc2.com/tb.php/111-a3e927e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
シナリオ に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。
[ マッシュアップサーチラボ ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。