戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■「スポンサー広告」カテゴリの他の記事を読む。

スタッフ
脚本:倉田英之
絵コンテ:平池芳正
演出:森義博
作画監督:古川英樹
製作協力:スタジオパストラル

絵コンテの平池芳正は、『ARIA The NATURAL』の脚本・絵コンテ・演出、『SoltyRei』『スケッチブック ~full color's~』などの監督。
で、『スケッチブック』といえば、
演出:山本寛 & 作画監督:三間カケル & 制作協力:Ordet
という『かんなぎ』のコアチームが、11話「風邪の日と、ねこねこpart3」を担当している。
きっと、そっちを手伝うからこっちも手伝ってくれというようなやりとりがあったのではないかと邪知。

『スケッチブック』の第一話を見てみると、『かんなぎ』の第四話で目立った、ゆっくりと雲を引っ張る演出が多用されていたりして、同じ人が関わっているのだと実感。
平池芳正は『かんなぎ』の第五話でも、絵コンテを担当している。

Kannagi4-1

演出:森義博 & 作画監督:古川英樹という二人は、
きっと4話を下請けで作ったスタジオパストラルな人達。

以前には、絶望先生(二話/七話/十一話)などを同じコンビで担当している。
スタジオパストラルは、『月詠』が初グロス請けという事もあって、シャフトとのつながりが深いみたい。

・参考ウィキペディア
-スタジオパストラル
-平池芳正

こうやって、人と人とのつながりでアニメというのは作られて行くであるな。

アニメっぽさ
 凝ったレイアウトや、緻密な背景、キャラクターの仕草の表現といった今までの『かんなぎ』の特徴は影を潜める。
 限られた動き、限られたレイアウトの中で、間やネタで見せていくような、テレビアニメでよくある絵作りになっている。

 キャラクターはだいたい同じ場所に立ったまま演技をするし、画面を移動する時も画面を真っすぐに右から左に動いたり、シンプルな構図が取られている。

 前3作では「空間」や「時間」が強調されていたが、今回はそういった感覚はしなかった。どちらかといえば、カットとカットは説明的に繋げられている。
例えば、冒頭からの数シーンを挙げれば、
・仁の家→食事風景
・学校の全景→彫像のアップ→絵を描く仁
など、遊びの部分が少ないような印象を受けた。

テンポよく濃縮されたネタ
 上に書いたように絵に力点を置かないことによって、
 ドレッシングやソースをかけてごはんを食べる仁とナギ、おいしん棒(うまいん棒)を食べるナギ、冷蔵庫の中に詰められたお菓子とつぐみの反応といったような、キャラクター達の可愛らしさを表現するネタがテンポよく飛び出してくるような印象を受けた(原作と比較すると、前後の話数に散らばっているこれらのエピソードがこの一話に鏤められている)。
(この方向性を押し進めると紙芝居にドラマCDがついたようなアニメになるのだろうが、そういった事態にはなっていない。

 がちゃがちゃと楽しく遊んでいる様な、幕の内弁当的な楽しさに満ちていた。キャラクターで遊んでいる感じ、キャラクターの魅力をいろいろな面から見ている感じ、これも『かんなぎ』の魅力の一つなんである。

 武梨えりがアンソロ出身だから類推してしまうのかもしれないが、セルフパロディ、セルフ二次創作のような楽しさにマンガ版の『かんなぎ』は満ちている(キャラクターで遊んでいる感じ)。今回の「シスターズ」にもそういったノリがある。

 ざんげの登場といった本筋は押さえつつも、仁達の日常が楽しく描かれている。

受けを意識した小ネタ
 キャラクターで遊んでいる様な二次創作的なセンスに満ちた小ネタの他に、受けを意識した小ネタもいくつか仕込まれています。

Kannagi4-2

よくありがちなブログっぽいページを背景にうんちくを語る秋葉。DVDのアフィリエイトが張ってあったりするあたり芸が細かい。

Kannagi4-3

ざんげちゃんの行列に並んでいるのが、押井守・宮崎駿・庵野秀明。宮崎監督らしき人のシャツには「崖の上」という文字がある。

 あとは、前回に引き続いて、「くさいよね~」会話も登場。
 いうまでもなくアニメ『らき☆すた』のパロディでありましょう。

 こういう、狙った小ネタも多く入っていた回でした。

アニメオリジナル展開?
 ざんげちゃんが同居?
 さて、どうなることやら。


 RSSリーダーで購読する


関連記事

■関連エントリ
カテゴリ:評論
タグ: かんなぎ 山本寛 目次::アニメ『かんなぎ』全話レビュー
次のエントリ;幸せな一時::アニメ『かんなぎ』第五幕「発現! しょくたくまじんを愛せよ」
前のエントリ;学校という空間/ひぐらし的怖さ/沢城みゆきの底力::アニメ『かんなぎ』第三幕「スクールの女神」


細かいですがw
第4幕のタイトルは「シスターズ」ではなく「シスターーズ」ですね。
【2008/10/30 Thu】 URL // ぶち #bhPC300s [ 編集 ]
謎が解けました。
第四幕だけ、原作の合成タイトルになってないんでなんでかな~と思っていたんですが、謎が解けました。
原作#6「シスター」#7「シスターズ」
まさか、「ー」を持ってくるとは!
#タイトルを修正しました。
【2008/11/02 Sun】 URL // 管理人 #Bq3nySxI [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://nipponia.blog44.fc2.com/tb.php/157-8f3f4dc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サルバトーレフェラガモ  【2013/07/09 Tue】
キャラの魅力アニメ『かんなぎ』第四幕「シスターーズ」::クリティカルヒット
[ サルバトーレフェラガモ ]
グッチ バッグ  【2013/10/26 Sat】
キャラの魅力アニメ『かんなぎ』第四幕「シスターーズ」::クリティカルヒット
[ グッチ バッグ ]
ugg ムートンブーツ  【2013/10/31 Thu】
過去記事| 良い縁起ありがとうございます。それは実際にはアミューズメントアカウントそれだった。あなたから快い追加| より遠いに高度に見える。 しかし、どのようにすることができます でした私たちは、通信する?
[ ugg ムートンブーツ ]
ugg ブーツ  【2013/11/11 Mon】
私はあなたたちがアップしているものを好むあまりに 。このような賢い仕事と報告。
[ ugg ブーツ ]
-  【2013/11/20 Wed】
管理人の承認後に表示されます
[ ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。