戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■「スポンサー広告」カテゴリの他の記事を読む。

今日は時間があるので、丁寧に語ってみたいと思います。

序。
 印象に残ったシーンは二つある。
 一つ目は、つぐみが仲間達が居なくなったメイド喫茶の中で一人片付けをしている所、
 二つ目は、ナギが夕日の中、仁に嫌われているのではないかと不安になって話しかける所だ(*)。

Kannagi6-1Kannagi6-2Kannagi6-3

Kannagi6-4Kannagi6-5Kannagi6-6

 つぐみもナギも仁にちがった種類の「片思い」をしている。ちょっとしたすれ違い。そのちょっとしたすれ違いが持っている痛みがそのシーンには現れている。恋をしたら誰しもが感じる様な痛み。「片思い」をしている相手が、自分の事を好いてくれているのではないかという期待と、自分のことなぞはどうでもいいと思っているのではないかという不安。その関係性が、確定しないから生まれる痛み。

 『かんなぎ』という物語、一見、仁を中心としたハーレムものに見える。しかし、ここでは仁を媒介として、つぐみやナギという女の子の心情を描いているのである。
 武梨えりの特異性は、乙女ちっくな感性と繊細さをオタちっくな表層とネタ化で包み込んでしまうことにあるのではないか(**)。アニメ版では原作にあったこの要素を映像の力で、強調している。

 だからこそ、男の子の願望としての女の子ではなく、対象としての女の子を描けているのではないか。だからこそ、『かんなぎ』は生っぽいのではないか。

(*)このエントリではこのシーンに向けての伏線を拾う予定だが、このシーンを単体でとっても非常に繊細にできている。
1カット目。つぐみが片付けをしている時のテーブルのリアルな汚さ。そこにはメイド喫茶というファンタジーではなくて、ウエイトレスのアルバイトという当たり前の日常が広がっている。
2カット目。そして、つぐみの物思いにふける顔が映し出される。そこで一瞬動きが止まる。この一瞬の静止によって視聴者につぐみの感情が叩き込まれる。
3カット目。一人取り残されるつぐみ。今までの狂騒と対比的に、つぐみは一人取り残される。彼女はこの状況の風景に過ぎず、それが彼女の切なさを表してもいる。

(**)那須きのこが王道の物語を、様々なギミックで煙に巻くのに似ているかもしれない。那須きのこと武梨えりは、この照れくささの系譜で結ばれている。山本寛が演出の参照軸として80年代ドラマを持ち込んだのは、この照れくささをはがそうとする演出家の豪腕なのかもしれない。

つぐみの切なさはいかにして導きだされたか
 この話数におけるつぐみの感情的なクライマックスであるメイド喫茶に取り残されたつぐみ。セリフも無く、演技も最小限であるが、そこからは切なさが伝わってくる。いかにして、つぐみの切なさは導かれたのだろうか。

・部屋でくつろいでいるつぐみ
 ー雑誌を読んでいる
 ー夏のモテ服という記事に注目するつぐみ

Kannagi6-9

・仁からの電話
 ーデートの誘い(一瞬挟まるアップが「驚き」)

Kannagi6-8 Kannagi6-10

・待ち合わせ場所
 ーガラスに映して、髪型をチェックする

Kannagi6-7

 ーあらわれたのはナギだけで…

Kannagi6-11Kannagi6-12

 ーナギを責める自分を恥じるつぐみ

・買物
 ーカバン屋では高くて買い物が出来ない
 ー回想(服が欲しいと仁にねだり、一万円を渡され「つぐみに連れて行ってもらえ」といわれる)
 ー下着屋
 ーはしゃぐナギ「仁も最初からこういうものを買ってくればよいものを」
 ーそれを聞いて、ナギと仁の関係を疑うつぐみ「え……仁が…?」

Kannagi6-13 Kannagi6-14

 ー試着するとブラがかぱかぱなナギ。ショックを受ける。
 ーつぐみは、カップ数を聞かれ、気遣うべきだと思いながらもCカップいう。
  「日本人としては平均的」と恋のライバルを攻撃する。
 ーそして、自己嫌悪。
 ー「小さいさんでも大丈夫」なブラを勧め自己嫌悪するつぐみとショックを受けるナギ
  (一つ前のやりとりの繰り返し)

Kannagi6-15

 ー胸の大きい中学生にショックを受けて、かなり大きめのブラを買うナギ

・喫茶店での会話
 ーリベンジを誓うナギ
 ーそれにつきあうと約束するつぐみ
 ー店の張り紙をみてバイトをしてみようかと思うナギ

・仁の家
 ー歯を磨きながら、ナギの脱いだ下着を見て、意識する仁。
 ーナギが大きなブラに詰め物をして登場。

・美術部
 ーメイド喫茶に行こうと提案する貴子
 ー部活メンバーでのやりとり
 (フリフリの服に鼻血する貴子、萌えはオタではないと主張する秋葉)

 実に丁寧に伏線が張られている。
 この回はつぐみとナギの感情のぶれを推進力に構成されているといってもいいのである。

・メイド喫茶に向かう部活メンバー(*)
 ー待ち合わせ
 ーゲームのタイアップイベントをしているメイド喫茶内へ

・メイド喫茶店内
 ー注文を取りにくるナギ、に気付く仁。
  →顔を変えてキッチンの裏へ
 ー舞台裏で戸惑う二人(**)

Kannagi6-19 Kannagi6-20

 ーつぐみとナギのモノローグ
 ー店長に追い出される二人。
  →ゲーム風のキャラクター紹介
 ー大人気のナギとつぐみ
 ー緊張して、飲み物をもってくるつぐみ。思わずなまる。
  ー「好きでこんなバイトやってるわけじゃないんだから。友達のバイトで…」
    というも、仁はナギばかりを見ている。

Kannagi6-21 Kannagi6-22 Kannagi6-23

 ー頭を壁にぶち続けるつぐみ。それでもナギの事を聞いてくる仁に対して、「知らないわよ!」と怒鳴る。
  ひたいには痣が。

Kannagi6-24 Kannagi6-25

 ー引っ張りだこのナギ

Kannagi6-26

 ーBBSの書き込み
  →それを見てざんげが動き出す
 ー仕事をしたり、ドジをしたりするナギ
  →仁はナギの方ばかりを見ている

Kannagi6-28 Kannagi6-29

 ーお互いに目線と目線で意識しあうナギと仁
 ーナギ、仁の方に近づく。その風景を見ているつぐみ

Kannagi6-30

 ーおまえの格好がかわいすぎて、いやらしすぎてみえないんだ!!
  と絶叫する仁。

Kannagi6-31

 ーそれをみているつぐみ。そっと顔をそむける。

Kannagi6-32

 ー部活メンバーにからかわれる仁

Kannagi6-33

ーそして、冒頭で紹介した独りとりのこされるつぐみ

Kannagi6-1Kannagi6-2Kannagi6-3

 繰り返すと、つぐみが片付けをしている時のテーブルのリアルな汚さ。そこにはメイド喫茶というファンタジーではなくて、ウエイトレスのアルバイトという当たり前の日常が広がっている。そして、今までの狂騒と対比的に、つぐみは一人取り残される。仁はつぐみではなく、ナギを選択したのである。彼女はこの状況の風景に過ぎず、それが彼女の切なさを表してもいる。

 この無言の演技に意味を持たせるために、いくつものカットが

(*)ここでの部活メンバーの描き方も丁寧である
 ナギをつれてきていない!と怒られる仁や、腐女子とカマをかけて外す秋葉、可愛い服に鼻血を出しまくる貴子、かたまる大鉄、仁のフォローをする大鉄などなど。

(**)さらに本題からはずれるけど、ここのつぐみのうごきがすごく良い動き。

まとめ
 ー仁への恋心、期待感の提示(仁のためにオシャレを考える/ガラスに自分の姿をうつす)。
 ー恋のライバルとしてナギを意識(仁がナギにブラを買って来たという情報)。
 ー蹴落としたい気持ちと、友達として付き合いたい気持ちに引き裂かれる。
  (自分のカップ数を多めにいうつぐみ/フォローをして一緒にまた買物に行こうというつぐみ)
 ー仁はライバルであるナギを選択し、つぐみを無視する。
  (つぐみのコスチュームに仁は反応せず、ナギの方を気にする。最後の告白)
 ーとりのこされた風景としてのつぐみ。

 ドラマには、このあとナギと仁の関係もクライマックスを迎えるのだが、それを語る時間が無くなってしまった。最後に、この話に仕込まれたギミックを紹介して終わりたい。

ギミック。
 ギミックは少なめだが、ハルヒと宮崎&富野が同じフィルムに収められているのには少しにやりとさせられる。

Kannagi6-18
画面左にハルヒらしき人物が…

Kannagi6-17
背景にとけ込む富野御大と宮崎さん

Kannagi6-16
ウォーリーを探せ状態の宮さん。

Kannagi6-27
ガラスの仮面風のいじめ妄想

 実写のメイドさんは、武梨さん(原作者)か田辺さん(リスの人)?
 どちらにせよ、おうつくしゅうございました。

スタッフ
脚本:倉田英之
絵コンテ:角田充
演出:高島大輔
作画監督:野田康行

 絵コンテの角田充は、おそらくOrdetの人(ケメコデラックス#2やシャナ2後期OPなど制作協力Ordetの作品で原画として登場する。)fixで積み重ねて行く演出スタイルだったり、間の取り方は山本寛の影響なのだろうか。セリフではなくて絵で語らせる様なスタイルには好感、というか感動させられました。

 演出の高島大輔は多数の作品の各話演出を手がけている。ざっと見ただけでも、シャナ(#6、#14、#20)、シャナ2(#1、#3、#8、#13、#21、#24)、かみちゅ(#2、#6、#10、#13)演出など多数ある。

 作画監督の野田康行は、『超発明BOYカニパン』や『ビックリマン2000』などのキャラクターデザイン。90年代初頭から様々な作品で作画監督をつとめているベテランの方。
#以上、参考資料は『wikipedia』『アニメスタッフデータベース wiki』

 二話ぶりに、Ordet & A-1 Picturesの組み合わせで制作。平池芳正の絵コンテ回とは違った『かんなぎ』スタイルの絵作りが見られる。空間を意識した画面づくり。モブの書き込みなどなど。


 RSSリーダーで購読する


関連記事

■関連エントリ
カテゴリ:評論
タグ: かんなぎ 山本寛 武梨えり アニメ 目次::アニメ『かんなぎ』全話レビュー
次のエントリ;ストイックな意思::アニメ『かんなぎ』第七幕「キューティー大ピンチ! 激辛ひつまぶしの逆襲(後編)」
前のエントリ;幸せな一時::アニメ『かんなぎ』第五幕「発現! しょくたくまじんを愛せよ」



管理者にだけ表示を許可する
http://nipponia.blog44.fc2.com/tb.php/160-e1f27868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
博士「懐かしのクレイジークライマーwww」助手「ゲームセンターあらし世代www」...
[ 電撃JAP ]
ランセルバック  【2013/04/19 Fri】
少女の恋心を描くということ::アニメ『かんなぎ』第六幕「ナギたんのドキドキクレイジー」::クリティカルヒット
[ ランセルバック ]
クロムハーツ 店舗  【2013/10/24 Thu】
優れた 我慢非常に有益。なぜ 反対 実現通知この| |この分野の専門家が専門家は いないしない 。あなたべき |あなたの文章 PROCEED続行を。 私は 確認、あなたが持っている 巨大を読者の基盤はすでに。
[ クロムハーツ 店舗 ]
クロムハーツ ネックレス  【2013/10/31 Thu】
へやは私は初めてここに。私は出くわしこのボード、私はそれが本当に 本当に見つける便利&それはたくさん私を助けた。他人あなたは支援のように私|私が戻って何かを与えると援助を助けるしたいと思っています。
[ クロムハーツ ネックレス ]
ニューバランス  【2013/11/09 Sat】
私は本当に 本当にこの記事を感謝しています。私はビングにそれを見つけた良さをありがとうございます。 あなたがた私の一日行わ。
[ ニューバランス ]
ニューバランス 574  【2013/11/11 Mon】
あなたは、 本当にそれを作る見える 本当に簡単 あなたとあなたと一緒に発表しかし I 見つけるこの{をトピック| 本当にすべき問題 |実際に} 一つのこと たは私が感じる 私はかもしれない 決して理解しています。あまりに 複雑なと極めて 巨大私にとっては。 私はね 外観を持つ 前進 あなたに 次へ 置く、 I意志 しよう取得する試みホールド |をしがみつく。
[ ニューバランス 574 ]
-  【2013/11/20 Wed】
管理人の承認後に表示されます
[ ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。