戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■「スポンサー広告」カテゴリの他の記事を読む。

今回の物語は「つぐみ×仁」を中心に動く
 つぐみの中でのこれまで蓄積された「もやもや」が解消する回。

 メイド喫茶での決定的な敗北を感じたつぐみ。
 けれども、
 「私は仁が怒ってたらその理由がわかるし
  泣いてたって笑ってたってわかるよ
  だから怖いとかも思ったことないし
  仁は仁だよ
  だから安心して笑ったり泣いたりしていいんだよ」
 と、仁に向かって言える強さをつぐみは再確認する。

 そのきっかけをあたえる色々な会話がある。直接のきっかけは「ざんげ」との会話で、つぐみは「ざんげ」から仁を守らなければいけないと決意する。この回のクライマックスは橋の上で決意するつぐみであり、それを仁に伝えるつぐみである。そのきっかけとなる「ざんげ」との会話だけれど、セリフとしてはマンガ版と同じである。しかし、そこに間をいれたり、つぐみのリアクションを実に丁寧に捕捉したりすることで、なんともいえないふくらみが出てきている。

 橋はドラマが起こる場所である。
 つぐみは、一人、雨の中を、過去を振り返りながら進む。
 そして、決意をする。
 ここのセリフの切り出し方、演出、すべてがマッチしている。

 「仁がざんげちゃんとつきあう
  まわりの誤解を説く為に
  でもあの人、なんだか仁をもてあそんでる感じにしか
  (じゃあ、あなたがつきあう?)
  そんなの一番ありえない!
  だって、仁だよ!
  ずっと一緒で、ままごととかもしてたんだから。
  そんな対象になるわけないじゃない。
  なんでみんなそういう目でみるのよ
  おじさまにもたのまれたのに。
  そうだ。私が守らなきゃ。
  ざんげちゃんに話してる場合じゃないよね。
  ほんと、わたしがなんとかしなきゃ。

 決めのBGMも流れるし、つぐみの「決意」が原作以上に強調されている。

Kannagi9-2

 ここで、オママン原作の劇中劇が始まる(仁がつけっぱなしにしているテレビ)。
 「地震中継」を挟んでくるのは、なんとも小憎らしい。
 ドラマを最高潮に持ち上げておいて、そこで素直に落とさない。この間の置き方、照れ隠しともカオスともいうこの感覚が『かんなぎ』だろう。

 そもそも、つぐみが「守りたい!」と決意するきっかけは「ホモカップル事件」というどう考えても間が抜けているものなのだ。仁のつぐみのセリフと、つぐみから仁のセリフがそもそもつりあわないように設計されている。

 仁の風呂をのぞいてしまうつぐみ。

 ここからの展開には、マンガ版のコマとコマを補完するようにアニメ版で追加された会話が連続する。

 ・お風呂のぞいちゃったのは、鍵をあけっぱなしだったからと言い訳するつぐみ。
  →ナギがまだかえってきていないという仁。
  →それを知って嬉しそうに昔話を開始するつぐみ
   「昔は鍵かけっぱなしだったじゃない(……)あの時は色々大変だったわー」
  →気まずい沈黙ののち、仁が何かを言いかけるその時にナギが帰ってくる。
 (原作では、つぐみが「ごめん!」といった直後にナギが帰ってくる)

 ・アルバムでの写真の追加
  「靴のはきまちがえ」「五色沼」「ひらがなの間違え」などは原作にも登場している。
  「幼稚園くらいの仁の股間」「昇竜券のまねをしていて落ちた。という理由」「赤目の写真」などは原作から追加されている。

 そして、アルバムを見ながらつぐみは、
 「私、なんでも知っているわよ」という。

Kannagi9-4

  これは、原作にも登場したセリフである。

  つぐみの「決意」、仁とつぐみの二人っきりのちょっとした気まずさ、アルバムで仁とつぐみが一緒に映っている写真を何枚も出す事、こういった要素が、より重みを出している。以前の、メイド喫茶での失望が目に焼き付いているというのも大きいだろう。このセリフは、つぐみが「もやもや」を払拭して、自分が自分でいいのであると自身をもった瞬間なのである。

 理想像/アイドルとしてのざんげやナギ、そういった非日常的であった存在につぐみは劣等感をいだいていた(その象徴がメイド喫茶回だろう)。しかし、仁との間に気付いて来た関係性の積み重ねに、つぐみは気付いたのだ。そして、それが決定的な自信に繋がっている。

 ・中学校の頃を誤る仁。
  すると、「ずっと気にしていた?」とつぐみは頬を染める。
  幼稚園時代の回想が始まる。
  (回想シーン/仁の部屋に移動していて、ナギとざんげが聞き耳を立てているというシチュエーションはアニメオリジナルの解釈)

Kannagi9-5

 これは、つぐみが仁に対していだいていた感情が決して一方通行なものではない事を示している。つぐみにとってはさきに抱いた「自信」を反復するエピソードである。

 幸福感は反復されて、冒頭に挙げたセリフをつぐみは口にする。

 「私は仁が怒ってたらその理由がわかるし
  泣いてたって笑ってたってわかるよ
  だから怖いとかも思ったことないし
  仁は仁だよ
  だから安心して笑ったり泣いたりしていいんだよ」

 それに仁は「そっか。」と言って、
 つぐみは「そうだよ。」と言う。
 言葉に装飾が無い程、二人の信頼関係が示されている。

 ここで、注目すべきことは、この会話はマンガ版と一字一句違っていないということだ。
 しかし、その重みは何倍にもなっているように思う。
 それは、アニメ版が決して暴走しているのではなく、マンガ版のコマとコマの間に想像力が使われているからだろう。原作のエピソードを限りなく活かす為の補完ではないだろうか。

 そして、その後「ホモカップル疑惑」を解消するという間抜けな話が対置される。
 仁とつぐみ/ざんげで弁当を食べ合うというエピソード。ここも、原作を膨らませる形でつくられている。脚本の高橋龍也(To heart)の独壇場だろうか。

 余談だが、今までの話数では「夕日」が象徴的に使われていたけれど、この回は「雨」「傘」が象徴的に使われていた(前の傘はざんげとの出会い、二つ目の傘は仁の家に入った時。)

Kannagi9-1Kannagi9-3

■スタッフ
脚本:高橋龍也
絵コンテ:小美野雅彦
演出:土屋浩幸
作画監督:川崎愛香、河野真貴


 RSSリーダーで購読する


関連記事

■関連エントリ
カテゴリ:評論
タグ: アニメ 山本寛 武梨えり かんなぎ 目次::アニメ『かんなぎ』全話レビュー
次のエントリ;かんなぎが連載休載.
前のエントリ;化学反応は起こるのか?::アニメ『かんなぎ』第八幕「迷走嵐が丘」


どうもこんにちわ。
かんなぎの良さをなるべく誤解のない様に他人に伝えるにはどうしたら良いかしらと考えていた所、このサイトに行き着いた者です。かんなぎに関してはこの誤解のない様に、と言う一点が非常に難しいです(“新しい”と言うことはそういうことなのかもしれませんが)
とにかくそんな理由で更新を楽しみにしてます。
【2008/11/30 Sun】 URL // PUTLO #- [ 編集 ]
ありがとうございます。励みになりました。
かんなぎ 面白いのに伝えられないもどかしさわかります。
笑った人だけ面白いっていうあずまんがのキャッチを思い出しました。
取り急ぎ
【2008/12/02 Tue】 URL // 管理人 #OSXq89wc [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://nipponia.blog44.fc2.com/tb.php/165-ca9c0851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
黒羊!!! Amazon.co.jp ウィジェット 沢城さんの可愛い演技をいるためだけの回です。 かんなぎのアニメについては作り手側のセンスと演出に ...
[ ふぉーおーる@好きならなんでもいいじゃん ]
フェラガモ 財布  【2013/07/03 Wed】
つぐみの決意と自信::アニメ『かんなぎ』弟九幕「恥ずかしい学園ドラマ」::クリティカルヒット
[ フェラガモ 財布 ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。