戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■「スポンサー広告」カテゴリの他の記事を読む。

ネットのどこかで『かんなぎ』は『とらドラ!』と比べてラブコメとしての品質が悪いと宇野常寛がサイゾーに書いてあったと聞いたんだけど、実際にサイゾーの記事を読むとこれは完全に誤り情報。勝手な読み方しすぎです。二次情報・三次情報が独り歩きするのが嫌なので、以下に該当箇所を載せておきます。

更科修一郎と宇野常寛が2008年の作品を小説/ドラマ/映画/アニメなどのジャンル毎に褒めたり貶したりするという企画の中での一幕。

更科(中略)『とらドラ!』(テレビ東京)もストーリー的にはまったく共感できない学園ラブコメだけど、実写映画・テレビドラマ調のメリハリの利いた演出だけで十分見られる。もともと、元京都アニメーションの山本寛が得意とする方向性なんだけど、これと比べると、ヤマカンの初監督『かんなぎ』(東京MXなど)はちょっと苦しい。

宇野 ヤマカンの実写映画・ドラマ好きとオタマッチョ全開の脚本の相性がもう、悪いこと(笑)。

更科 それもあるけど、ウェルメイド志向の京アニでは抑えられていた自意識が解放されて、逆に娯楽作品としてのバランス感覚を崩したような気もする。全体としては高いクオリティなんだけど、なぜか観ていてつらい。
「サブカルチャー最終審判 #9」p.110『サイゾー2009/2号』


 これ、あくまでも『とらドラ!』とは映像演出面で比較されているわけだし、喋っているのは更科さんだし。

 ネット上での噂話は怖い!という話でした。
 両氏にゆるゆると応答してみたものは、以下に書いたのでどうぞ。

#サイゾーっていえば、ジャージ女の子じゃなかったっけ?あとは、山形浩生の巻末コラム。そんな時代の読者でした。
 宇野氏が指摘している点は確かにあったとも思う。監督と脚本だけではなく原作・武梨えりとの関係も考えなければならないけど。
 私も、原作比較で見える喧嘩シーンの男かんなぎ感で、そういった違和感については少し書きました。

 ただ、違和感を感じるシーンもあったけれど、見事に補完し合っている箇所もあったわけです。例えば、最終話の留守番電話のシーンとか、どうでしょう。電話に語らせるという演出は山本寛、倉田英之ならではの各キャラへのきめ細やかなフォロー、原作には描かれてはいないが確かに『かんなぎ』のキャラクターでもある。

 更科さんの指摘に関しては、前自分で書いたこんなブログエントリを再掲。

 ただ、これには否定的な意見も多かった。 山本寛の個人的な怨恨を作品で云々と見ては冥府魔道に堕ちる。その視点だと、アニメでもまんがでも『かんなぎ』を好きな人がみたら、いらいらする。

 私自身は、pixivで見た、つかさが間違ってナギ達のカラオケルームに入ってしまうという誰かが描いたイラストを見て、こういういざこざは吹き飛んでしまった。逆の視点から見る事で、やっちゃった~というつかさの表情を見て、吹き飛んだ。
 もしも「協力:京都アニメーション」で出来れば、文句無しに悪くないパロディだっただろう。

 この件は、パロディというものの難しさを表している。その文脈を読み取るのは視聴者に投げられてしまっているのだ。バトルロワイヤル状況下(ゼロ年代の想像力)でのパロディが抱える問題とでもいおうか。

 「小さな正義」が乱立している状況下で、解釈の自由度を高めてしまうと、いかようにでも紛糾してしまえる。ただでさえ、アニメのパロディというのは、受け手と作り手がネットを介して意識的・無意識的に繋がっているのだから(かんなぎでも、確か第四話でアフィリエイト的なブログが出て来たりしたし、第一巻のオーディオコメンタリでは、山本寛と武梨えりが「ハッテンマイケル」という空耳で盛り上がっていたりもする。)

 そして、なによりも『かんなぎ』を巡っては様々なアンチが飛び回っていて、掲示板での議論なんかは見るに耐えない状況である事を忘れてはいけない。ナギに恋人がいるかいないか、監督の演出が嫌いだとかそういった「小さな正義」同士の闘いの最中に『かんなぎ』という作品も置かれてしまっている。
決戦の場::第十幕 「カラオケ戦士 マイク貴子」アニメ『かんなぎ』


一言でいうと、もろもろ可視化されるので窮屈な時代ですな、というあたり。(西尾維新の文体とかはそういう窮屈な時代にマッチした文体といえる気がしないでも無い。)

とはいえ、対談で語られる言葉にあまり真面目に反応してもしょうがないよう。いかようにも読めてしまうし。

さて、結局の所、『かんなぎ』は原作から好きだという事もあって、文句をいうくらいなら気に食わない場所は自分で編集すればいいじゃんくらいに思ってたりします。いまや、フリーで編集ソフトは手に入る時代。カット&ペーストくらい余裕です。
私も、自分用完全版はそのうち作る予定。

 RSSリーダーで購読する


関連記事

■関連エントリ
カテゴリ:エッセイ
タグ: かんなぎ 山本寛
次のエントリ;ニコニコ動画の成熟と変質。
前のエントリ;色彩と日常の回復::第十三幕「仁、デレる」::アニメ『かんなぎ』


аиф газета свежий номер читать бесплатно
А сколько времени уходит на акклиматизацию в новой квартире или коллективе?..
Сегодня, 10:21 приготовить блюдо в гости) Вчера, 18:04 АможетДА 13 мая 2015 - 16:44 кто смотрел фильмы 2014?
Они сидят на лавочках, о чем-то болтают, спорят, иногда ругаются.
Женский гороскоп на июль 2015 года для представительниц знака зодиака Рыбы.
В первой половине года ваши намерения вполне осуществимы.

cccp
【2016/01/05 Tue】 URL // RobertoniEr #kgJOAzfc [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://nipponia.blog44.fc2.com/tb.php/174-f3a8ab3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
1 たらたらψ ★ 投稿日:2009/01/24(土) 03:36:35 ID:ςςς 宇野常寛 とらドラに比べるとかんなぎのラブコメは出来悪い 倉田とヤマカンの仕事が全然かみあってない ヤマカンは京アニ出てから自意識のタガが外れて、作品に悪影響を及ぼしてる ...
[ Athletic Geek ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。