戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■「スポンサー広告」カテゴリの他の記事を読む。

武梨えり展に行った。



もう既に会期は終了していますが(2009.8.1-2009.9.6 於青山GoFa)、アフターレポートにも価値があるさという事で書いてみます。

■会場
 GoFaはマンガ関係の展覧会を数多くやっているこじんまりとしたスペースに原画を中心とした展示。過去にはよつばと展などをやっていた。
 ABCこと青山ブックセンター本店の横で、最寄り駅は表参道になる。
 会場入り口は少しわかりずらくて、ポスターの貼ってある鉄扉の先の階段の先が入り口になっている。エレベーターを使うと、どこかのオフィスに入って気まずいので注意が必要。

■原画について
 展示されているのは、まだ未完成の原稿。ベタ塗りやトーン作業背景処理がされていない段階のものが展示されている。
 というのも、この未完成の原稿をスキャンしてPCで最終的な形にしているらしく、完成原稿はデータでしか存在していない(*)。ちなみに、完成原稿のコピーもバインダーに閉じられているので比較しながら見ることも可能だった。
 髪の毛なども、筆のタッチが必要な部分のみ書いて、あとは白く抜いてある。修正などもPC上でされるのだろう、ホワイト修正なども乗っていない。なので白と黒のコントラストが鮮やかだった。

 TAKE MOON時代の作品も展示されていたが、こちらはいわゆるペン入れした原稿にベタを塗ったり、トーンが貼ってあるおなじみの完成原稿だった。シエルのカレー好きという定番のネタ設定を、いじりつつも、ちょっとした青春の1ページに変換する手際は鮮やか(私が行ったのは3期で、この期間中はこの話が展示されていた)。カレー=人にはいえない趣味みたいな解釈で、好きな人を前にして戸惑ったり悩んだりする、この狙い済ました暗喩の使い方は流石。

中学生時代小学生~中学生時代のマンガについて
 ここでしか見られない作品として、小学生だか中学生だかに作成された肉筆回覧誌とそのコピーが置いてあった。展覧会のお品書きには、「・小学生の頃より描き続けている、ライフワークとなっている漫画の展示。」とある。

 ネコくんが主人公で、妖精と出会い、半ば巻き込まれるように異世界を旅をする。ドジばかりの妖精が魔法を唱えるというちょっとドタバタがあったり、浦島太郎のように妖精の館でしばらく過ごして、やがて別れがやってくるというようなお話。
 小学生なんで絵も上手くないし、技術的に秀でているわけでもない。一コマだけカラーにしてみてあとは力尽きたり、線を引くときに物差しの間にインクがたまって生じる流れ線があったりする。だけども、必死に描いている感じは伝わってくる。

 マンガが好きな女の子というスタートから「マンガ家」に至るまでの間や、共通点がないんだろうかと考えてしまう。

 ラストで画かれる妖精との決別のシーンではコマにはみ出るようにしてくさいくさいと連呼していたり、魔法少女ものというジャンルを意識したシーンがあったり、この「距離感」は武梨まんがの距離感だなあと思うが、うがちすぎな気がしないでもない。
 魔法少女だったり、日常世界と異世界の混じり合いだったり、ドタバタ感だったり、最後は「決別」だったりといったモチーフが同じだよなあ。って、これは完全にうがった見方。

 ただ、ずっと「読者」に向けて描き続けてきた事はいえるだろう。続きものになっていたり、裏表紙には閲覧隅を示すのだろう赤い判子がずらっと押してあったり、「読者」に向けて描いていたことがわかる。

【10.20 誤字修正。このパート修正・加筆しました。カトゆーさんに、中学生時代のマンガ!と紹介されたのですが、あくまでも小学生時代からのライフワークという表記であって不正確な表記だったかもと訂正しました。】

■コミュニケーションノートについて
 会場にはテーブルがあって、その上にコミュニケーションノートがおいてある(**)。

 さて。当たり前だがこの空間には『かんなぎ』や武梨えりを好きな人しかいない。大阪から来たと書いている人が4~5人はいたし、仙台から来た人も2~3人いた気がする。一人、沖縄から来たと豪語していたが。

 JKです。中学生です。とか書いている人もいた。で、漫画家志望です!とか書いてあって、横にがんばってるけど下手な絵が描いてあったりする。クラスで、『かんなぎ』を広めようとしているんだけど、周りの人たちはあまり耳を傾けません…というJKだかJCの意見。

 で、会場の横には同時に武梨えり(小学生)が描いた下手なマンガが置いてあったりする。漫画家志望の彼女たちはすごく勇気付けられたんじゃないだろうか。

 作品。というのは人に影響を与えることができるという当たり前のことに気付かされた。少なくとも、日本中から東京に集まってくる程度には。子供達にペンを取らせようと決意する程度には。こうやって、「マンガ」は脈々とつながっていく、のかもしれない。

 今、武梨えりさんは病気療養中という事で、そういった類のコメントが多く寄せられる事になる。しかし、「好きに書いてくれればいい」だとか、「いつまでも待っている」だとか、「このままで終わるのは嫌だ。」とか。誰に示し合わせたわけでもなく同じ文面を必死に考えて送ってしまうおれ「達」がたくさんいて苦笑いをしてしまう。

 これが、「作品」の力なのだ。と思った。

 一つの作品を語るとき、物語の内容を語るような語り口は多い。もしくは、物語の環境を語ったりだとか、物語の法則だったりキャラの法則だったりといったる語り口をとってしまう。だけれども、そういう語り口は、こういった「作品」の力を語っているとはいえない。
 すごく素朴な話だけれども、商業的に本を出版してアニメ化をするという事は、日本全国津々浦々に万人単位で読者を手にする事だ。そういった薄い拡がりの中には、それこそ自分の人生を「作品」の力によって変えられてしまう人もいるだろう。確率論的にそういう強い影響を受けてしまうひとは出てくる。だからこそ、「規模」の力は大事だ。同人と商業の差異は物語内容にあるわけではなくて、対象となる範囲や「規模」の違いが大きいように思う(環境制約として「資本」の有無はあるとは思うけれど)。
 よく、マンガ家が、ファンレターが励みになるとか書いてるけど、こりゃやる気が出るわ。「作品」の「意味」そのものじゃないか。そんなことを感じた。

 ネットやリアルに限らずそれこそいたるべきところでこういったコミュニケーションは行われているのだろう。
 偶然、武梨えりの展覧会で発見して舞い上がってしまった、という話。
■アートグラフ
アートグラフが販売されていた。武梨えり展の入場料は500円と安く、こういうグッズでもうけているんだと思われる。
で、自分はミニアートグラフの方を数点買わせて頂きました。
額に入っていて、すごく雰囲気がある。ちょっとそこいらにポスターを貼るのとは違ったテンションの高まり方を楽しめます。
高いだけあって、ポスターとは違ったレベルで絵が再現されています。

で問題だと思うのは、ナンバーが振ってあるのだけど、最終日近くに買ったにもかかわらず、100分の10番台だということ。ぜんぜん売れてません。
つぐみ絵もナギ絵もそのようなもの。
いや、知らない人が多いと思うんだよ。ファンなら買ってもいいできだしさ。とくに、8000円のやつとかはちょっとリーズナブル感すら漂っていないかな。

アフィリエイト目的とかではないので、かんなぎや武梨ファンの方はぜひとも買っていただきたい。好きな絵が手元にあるっていうのはいいもんですよ。
オンラインショッピングサイトへ


(*)マンガのデジタル化について
 漫画制作の現場にもデジタルの波は押し寄せているのは確実で、赤松健『ネギま!』では背景に3DCGモデルが使用されていたりする(巻末おまけページにて紹介されていた。そのまま使用しているか、モデルをトレースしての使用だったかは失念)。『絶望先生』もかけあみだったり着物の柄だったりはCGで処理されているような印象がある。
 1期、2期、3期と時系列順に『かんなぎ』の原画が展示されていたのだが、私は3期以外には行けなかったので、武梨えりがどのタイミングでデジタル化をマンガ作成に取り入れたのかはわからない。ただ、『かんなぎ』の途中からデジタル作業になった事は確かだ。

(**)コミュニケーションノートに関する与太
 『アーキテクチャの生態系』の用語を使ったら、疑似同期的なコミュニケーションがなされている。かんなぎ展、私がいった時には5~6名しかいなかったけれど、コミュニケーションノートをたぐる事で、あたかも数十人の幻と一書に展覧会を見ているような気になってきた。擬似同期性そのものがネットの特徴なのではなくて、不可視な感じとか、スピード感とか、API的な再利用だったりそういう諸々の総合がネットなのだなあという与太を考えた。

【10.21 0:40 文章構成変えました。ちょっと加筆しました。】

■関連
かんなぎ全話レビュー

 RSSリーダーで購読する


関連記事

■関連エントリ
カテゴリ:レポート
タグ: かんなぎ 武梨えり
次のエントリ;twitterを駆け巡った『けいおん!』語りの仮まとめ
前のエントリ;RPGとしてのラブプラス



管理者にだけ表示を許可する
http://nipponia.blog44.fc2.com/tb.php/199-434905cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
フェラガモ 靴  【2013/07/03 Wed】
武梨えり展レポート::「作品」の力::クリティカルヒット
[ フェラガモ 靴 ]
グッチ アウトレット  【2013/10/26 Sat】
武梨えり展レポート::「作品」の力::クリティカルヒット
[ グッチ アウトレット ]
ugg ブーツ  【2013/10/31 Thu】
大 ポイント完全に、あなただけの 受信 { ブランド新しい|新}リーダー。何可能性あなた示唆する |あなたのポスト あなただけのことなる{少数約に関しての |いくつかの}日前?任意の特定?
[ ugg ブーツ ]
ugg 激安  【2013/11/11 Mon】
あなたでし 間違いあなたの参照スキルあなたが書く| | 仕事絵画 内で。 部門 | あなたのような さらに多くの希望のありません | 、彼らは信じてどのようにと言って言及するを恐れる。 いつ |あなたの心をフォローした後に行く 。
[ ugg 激安 ]
duRlTnBs  【2013/11/11 Mon】
武梨えり展レポート::「作品」の力::クリティカルヒット
[ duRlTnBs ]
-  【2013/11/20 Wed】
管理人の承認後に表示されます
[ ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。