戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■「スポンサー広告」カテゴリの他の記事を読む。

先日3月27日に、長島☆自演乙☆雄一郎さんがK-1 WORLD MAX 2010~-70kg Japan Tournament~で初優勝をした。

自演乙さんはコスプレが仕事、格闘技は趣味と公言しているくらいで、コスプレで入場、入場曲はアニソン系である。
先日も全部で3回、試合が行われたのだが、全て東方プロジェクトで統一されていた。
これは後に紹介する、勝利後のインタビューで自演乙が語ったように、東方のキャラクター達が企業が所有するキャラクターに比べて「自由」であることによって実現したものである。

このエントリでは、キャラクターが自由であるということが東方プロジェクトの豊かさの理由だろう事、キャラクターは自由であるべきだ、みたいな事を書いてみたい。

自演乙氏の先日の入場と対戦記録をまとめておこう。

1回戦。
対 名城裕司(1R 0分39秒 KO)
入場曲:SilverForest『つるぺったん』
コスプレ:博麗霊夢
2回戦。
対 龍二(1R 1分44秒 KO)
入場曲:COOL&CREATE『Help me, ERINNNNNN!!』
コスプレ:八意永琳
3回戦。
対 中島弘貴(3R 1分58秒 KO)
入場曲:『魔理沙は大変なものを盗んでいきました』
コスプレ:霧雨魔理沙



K-1の公式サイトには、入場曲をまとめたページがある
これらを見ていると、星間飛行(2009.2.23)、ハルヒメドレー(2009.10.26)とニコニコ動画で流行っている感じの曲を幅広く使用している事がわかる。実際の映像は、ニコニコ動画の自演乙タグなど。

パフォーマンスとしての面白さ(格闘選手が女装コスプレをして優勝する)、身体をはったアニメ布教活動、美人コスプレイヤーに囲まれて幻想郷入りなど、彼の活動は圧倒的に面白い。女装コスプレがゴールデンに流れ、幻想郷の人たちの祭りがゴールデンに流れる。こんなありえない事が実現したのも、自演乙さんあっての事だ。

試合自体も面白くかった。気力だけで殴り合っているようなまるでケンカのような中盤、そしてカウンターでKO勝利という劇的な勝利。バックダンサーの幻想郷のみなさんの応援カットがたまにインサートされる事もあって、まるで魔理沙が弾幕ごっこをしているかのような錯覚にもとらわれた。最後のカウンターはあたかもマスタースパーク。「弾幕はパワーだぜ」というセリフが聞こえた。

興味深かったのは、試合後のインタビューである。
格闘技だけではなく、何故入場曲を三曲とも東方プロジェクトにしたのか?という質問があった。

自演乙「版権楽かなと思って。版権で頭下げまくるのシンドイんで。東方やったらZUNさんにメール送ればいいかなと思って。東方流行ってるし、キャラかわいいじゃないですか。ほんで今回は自分自身がダンスを踊りたくなかったんすよ。衣装の方で舞台が華やかになればいいなと思って。東方やったら全キャラ派手なんで。」

これを聞いていて衝撃を受けた。
今までのコスプレには、関係者に頭を下げまくってきた自演乙氏の努力の反映だったという事。そして、ZUNさんだったらその手続が大幅に省略されてしまうという事。

ここにはキャラクターがフリー=自由に使える事の可能性が見え隠れしている。

(以下、追記)
もちろん、東方のキャラクター達は完全なフリー=自由ではない。
ZUNさんの元でゆるやかに管理されている。(以前にZUNさんによって示されたガイドライン
今回のK-1出場の件も第一回戦に敗退しない事が条件だった。(*)

ニコニコ動画の御三家といえば、初音ミク(ボーカロイド)・アイマス・東方である(残念なことに、今では殿堂入りという名の隔離カテゴリの面々でもある。)これらのムーブメントは、ユーザーが協同して作品を作っていくという事の成功事例といえるだろう。そして、このムーブメントは、キャラクターをユーザーが自由に使えるなければ盛り上がりようがなかった。
『らき☆すた』や『けいおん!』は、御三家の位置に座れたかもしれない。けれど、それは「版権」をもっている企業が許さない。

初音ミクに関しても、白いクスリ騒動のような、権利者側とユーザー側との衝突があった。覚せい剤騒動をネタにしたいかがわしい曲をうちのミクに歌わせるのはけしからんと権利者がいい、ユーザーがそれはおかしいとしてその発言を撤回させた。これは、ユーザーが初音ミクを自分たちのものとして獲得していた過程といえる。

もちろん、版権をもっているから成り立つ世界もある。けれど、フリーだから見える世界もあるのではないだろうか。少なくとも、彼女たちの寿命はすごく長いし、他のキャラクター達と比べてもすごく存在感がある。モンスター級のものには勝てないだろうけど。なお、寿命とは、キャラクターたちが受け手の中で活躍できる寿命のことである。

ここで想像したのは、フリーソフトウェアの概念である。フリーには自由と無料という二つの意味があるが、ここでは自由なソフトウェアの意味である。

Wikipediaのフリーソフトウェアの項を引用する。

自由なソフトウェア
自由を促進するという意味でフリーと呼ばれている。コンパイルした成果物だけでなく、ソースコードが入手可能であり、さらに、その改変と再配付も自由である必要がある。
フリーソフトウェア財団(FSF)の創始者リチャード・ストールマン(RMS)が、自由に利用し、改変し、再配布することができるという意味でフリーソフトウェアという語を1980年代初頭に作った。この場合、単に無料であるソフトウェアは、"フリーウェア"と呼んで区別するが、フリーソフトウェアとも呼ばれている。
ソフトウェアが自由であることを重視するリチャード・ストールマンの立場からは「無料」との混同は避けたいところである。そのため、彼は折に触れてこの区別を強調し、また「日本語にはせっかく2つの意味を区別する言葉があるのだから、フリーソフトウェアではなく自由なソフトウェアと呼んで欲しい」と述べている[1]。


ニコニコ動画的なユーザー協同と、フリーソフトウェアやオープンソースとの類比といった議論は、ずいぶん目にしたし、耳タコの部類に入る。
なので、ここではいくつか仮説を書いておきたい(これすらどこかで語られているのだろうけど)。

自由なソフトウェアにおけるソースコードの位置を占めるのは、キャラクターである。
キャラクターは自由であるべきである。

フリーソフトウェア運動を象徴するようなGNU宣言には次のような一節がある。

もし私の好きなプログラムを他の人も好きであれば、私はその人とプログラム
を分かち合わなくてはならない、という黄金律 ([訳注] 自分の欲することは
他の人にも為すという考え方)を考案した。


これをこう言い換えてみよう。

もし私の好きなキャラクターを他の人も好きであれば、私はその人とキャラクターを分かち合わなくてはならない、という黄金律を考案した。

これは、ニコニコ動画などで、ユーザーを駆り立たせるまさに黄金律ではないだろうか。

Wikipedia「東方プロジェクト」には次のような記述がある。

東方Projectは二次創作が非常に盛んで、同人作家が独自に設定を創作したり、ファンによるコミュニティーの場で「ネタ」や「キャラクターのイメージ像」などが独自に創作されることがある。このようにして創作され、浸透していった設定は「二次設定」と呼ばれ、同人の業界や二次創作物などによく使用される。


皆が知っている魔理沙やアリスやチルノや諏訪子の性格や振る舞いやおなじみの行動は、こういった過程で獲得されてきたものである。何故、初音ミクがネギを持っているのか?これは決して公式設定に起因するものではない。

であれば、キャラクターは自由である!
キャラクターが何故一企業に縛られなければならないのか。
涼宮ハルヒは角川のものではなく、我々のものだ!
何故ならば、キャラクターは物語において完結しないからだ。
キャラクターを解釈するのは我々の自由であり、その事によってキャラクターはより豊かな味わいをもつことになる。

また、自演乙が見せてくれたのは、キャラクターが自由であることの可能性の一端でもある。

東方プロジェクトは、ZUNさんの裁量によって、自由なキャラクターとそこから生まれる豊穣さを享受している先行例ともいえるだろう。



もちろんここに書いたのは、思いつき以外の何者でも無く、ニコニコ動画に動画を投稿したこともない人間が書いたことだしたぶん大きな勘違いをいくつもしているだろうし、企業の中にいてキャラクターを取り扱った経験もなく、噴飯物の議論でもあるのでしょう。

だからご意見だったり、これは参考にしてなきゃまずいだろみたいな情報があったら是非およせくださればと思います。


■はてブコメントへのリプライ(3.31追記)
>初音ミクが自由とかお花畑だな
 おっしゃる通りで、初音ミクも完全には「自由」ではないです。
 同様に、アイマスだって、東方だってフリーではないです。
 けど、ユーザーが自由にそのキャラクターを使って遊べる程度には「自由」だと思います。
 ユーザーに(結果的かもしれないけど)与えられた自由が、キャラクターを豊かにしているように見えます。

>もしかして:シェアード・ワールド
 教えてくださってありがとうございます。
 「複数の著者が同一の世界設定や登場人物を共有して創作する作品群。」(Wikipedia
 ググってみた所、オープンシェアワールドという世界があるのですね(まとめwiki)。面白いです。



3.30 誤字等修正
(*)カトゆーさんのコメントがあったので追加修正。

 RSSリーダーで購読する


関連記事

■「エッセイ」カテゴリの他の記事を読む。

ボーカロイドの二次創作に関するライセンス→
http://piapro.jp/license/pcl

PCLライセンスを改訂した例→
http://kasaneteto.jp/guide_pcl.html
【2010/09/27 Mon】 URL // 中の人 #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://nipponia.blog44.fc2.com/tb.php/207-fffce59b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ルイヴィトン バッグ  【2013/07/11 Thu】
「自由」なキャラクターが生む豊かさ::クリティカルヒット
[ ルイヴィトン バッグ ]
クロムハーツ ピアス  【2013/10/24 Thu】
I 味わう 、 につながる結果にはない 私が見つけた だけ何私はされていた 一見持つのを。 あなたがた |日長い狩り私の 4 4 を終了しました。神はあなたに男を祝福。日| 偉大な素敵ながあります。さようなら
[ クロムハーツ ピアス ]
クロムハーツ  【2013/10/31 Thu】
私はね 極めて本当にあなたのライティングスキルもと感心あなたの上のレイアウトとブログ 。これは有料のテーマである、または修正やったそれを自分で? いずれにせよついていく素敵品質の書き込みが、 それは |このようなブログ偉大な素敵見て珍しい最近 ..を
[ クロムハーツ ]
ニューバランス 996  【2013/11/09 Sat】
ポスト 。 このブログをと私がよ私はチェックして感銘を受けました。 非常 便利 情報 特別に特別になどのために最後の部分:)私世話情報 ずっと 。私は探していたこの特定 情報の非常に長い時間 。あなたと感謝最高の運の 。
[ ニューバランス 996 ]
ニューバランス 人気  【2013/11/11 Mon】
私¡ の模索して記事やブログ記事この中で {種類|任意の高品質高品質のの少しビットの|ソート}のエリア 。 Yahooの私の探求ついにこのつまずいウェブサイト 。 勉強この情報だから M 嬉しいから伝えるをその私がしました 非常に {ちょうど|良い|私は優れた不思議な気持ちが分かった|に出くわしました|発見} まさに私は必要なもの。 間違いなくになります私は |への特定の確認 見落と...
[ ニューバランス 人気 ]
-  【2013/11/20 Wed】
管理人の承認後に表示されます
[ ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。