戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■「スポンサー広告」カテゴリの他の記事を読む。

という事で、サプライズで登場した山田尚子監督編。美大卒で、入社後一桁で監督に抜擢されたとの事。

第一印象は、すごく可愛いらしい方ということでした。セミナーの後の懇親会でどこかのおっちゃん(どこかの会社のエラい人なんだろうけどw)に「美人は人気があって大変だねぇ!!」と突っ込まれるくらい。

直感的に唯っぽいと思ってしまった。ちょっと茶髪で髪を短くまとめていて、けいおんのEDにファッションの雰囲気が似ている。靴下がカラフルな水玉模様で、彼女の世界観がなんというか『けいおん』なのだ。まるで、『けいおん』の世界から飛び出してきたような印象。
   
アニメの『けいおん』を作られた中心人物なので、それも当然なのかもしれない。
■ファンとずれないために
懇親会で少しだけお話をさせて頂いた。
アイマス2の件などがまだ自分の中でひっかかっていたという事もあって、受け手と送り手の関係について少し質問してみた。「ユーザーの方のリアクションというのはどの程度作品づくりに反映されているんですか?」と。

「あまり見ないようにしています。ひっぱられてあっちにいったりこっちにいったりしたりするのはよくないので。こちらが皆さんを引っ張っていくようにしています。」

と、クリエイターとして、当然の筋の通った答えをいただいた。(と同時にこんな失礼な質問をしてしまい申し訳ない気持ちになるのだった。)

けれど、セミナーの中で、山田尚子さんは原作をアニメ化するのは「原作ファンの人とずれてしまう」ことの怖さも語っている。原作のファンは、自分だけの声や動きでキャラクターをイメージしている。それと、アニメが固定的に表現するイメージがずれる可能性が怖いと。

では、どうしたか。「自分が一番のファンになろう。ファンの人よりファンになろう」という事だった。

このスタンスは「原作をAとしたらA#を作るのではなくBをつくる」と語っていたことにも現れているように見える。監督は、ドラえもんのタイムマシン説(のび太は過去にさかのぼって何をやっても結局はのび太になるという認識・大阪から東京にいくのに飛行機を使っても電車を使っても結局は東京につくという喩え話)になぞらえていた。

これを私見で解釈すると、マンガでもアニメでも「けいおん」は伝わるのだということ(AではなくB)、そしてアニメならではの表現をするということ(A#はつくらない。ひかりをのぞみに変えるのではなく、電車を飛行機に変えるように)を山田監督は目指したのだろう。

■生きているような感じ
 けいおんのキャラクター達は、生きている感じや生活感を重視してに描かれたという。これは京アニの作風でもあり、女子高生の経験が近くにある山田尚子さんが監督に選ばれた理由でもある。こういった演出論については多くのインタビューで語られているところでもあるので、ひとつだけ面白かった指摘を切りだしておきたい。

山田「アニメっぽい表現を減らした。 まんがっぽい表現はでてくるんですが。日常の芝居。絵を変形させてどかーんとやるケレン味、醍醐味はおさえて、女の子が動いているということを第一においた演技付をしました。」

 Togetterのはてブコメントでは、山田尚子自身はケレン味系の作画であるという指摘もあり、合わせて捉えると興味深いのだが、それはさておいて、ここでは、アニメっぽい表現/まんがっぽい表現が区別されていることに注目したい。

 アニメっぽい表現というのは、「絵を変形させてどかーん」とあるように金田作画に代表される系統の表現を指しているのだろう。まんがっぽい表現とは、目が点になったりデフォルメされたりといった表現の事だろう。

 「まんがっぽい表現をアニメっぽくなく描くこと。」というコンセプトは、生活感を出すためにクラスメイトとのコミュニケーションを描くようにしたといった演出プランに到るまで一貫している。これは、京アニに脈々と流れる演出感であるようにも思える。

「ファンよりファンになる」「A#ではなくB」「まんがっぽい表現をアニメっぽくなく描く」といった視点をもって『けいおん』を見返すのもまた、一興かもしれない。


壇上でいかにも背広組という感じですましていた進行役の総務部室長の村元さんだってニコニコ大百科をみるとかなり面白い経歴をもたれている。(学生時代にルサンチマンの制作に参加して、最近はアニメの脚本も書いているだと…?)

村元さんは採用も担当されているそうだ。聴衆の三分の一が専門学校生という客層ということもあって、「アニメが好きだから試しにやってみるみたいな軽い気持ちじゃなくて、一生の仕事としてやってみて欲しい。」と、未来のクリエイター/アニメーターに激を飛ばす一幕もあった。

山田尚子監督も、おそらくは未来のアニメーターたちに向けてのサプライズゲストだったのだろう。自分のちょっと上くらいのどこにでもいそうな可愛いお姉さんが、アニメ市場を席巻している作品を作ったディレクターなのだという事実は、彼らに対して衝撃を与えたのではないだろうか。願わくば、未来の才能が芽吹きますように。

声優さんなどスポットライトがあたる部分でのけいおんが語りは数多くあれども、こうやって制作サイドがそれぞれの立場でガチに意見を語ってくれるイベントは貴重なものでした。
京アニの中の人の「顔」がたくさん見れたのは本当に楽しかった。

加筆修正:10.1

 RSSリーダーで購読する


関連記事

■「レポート」カテゴリの他の記事を読む。

IODISSECORM
zetpauytj
http://www.jyoseiboots.com/ - UGG アウトレット
<a href=http://www.jyoseiboots.com/>UGG ブーツ正規品</a>
http://www.jyoseiboots.com/ UGG ブーツ正規品
【2012/12/02 Sun】 URL // IODISSECORM #kCsXJ37k [ 編集 ]
IODISSECORM
ealkfoszz
http://www.jyoseiboots.com/ - uggブーツ
<a href=http://www.jyoseiboots.com/>UGG ブーツ</a>
http://www.jyoseiboots.com/ ugg ショートブーツ
【2012/12/05 Wed】 URL // IODISSECORM #kCsXJ37k [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://nipponia.blog44.fc2.com/tb.php/212-223439f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
グッチ アウトレット  【2013/10/25 Fri】
ファンの人よりファンになるーCMEX2010 京アニ社長八田英明セミナーレポート(2/2)::クリティカルヒット
[ グッチ アウトレット ]
ugg ムートンブーツ  【2013/10/31 Thu】
あなたは 実際のポイントに 優れたウェブマスター。 ウェブ ペースです信じられない 。 これは、と思われるはあなたがいる 独特のユニークなトリックいずれかを行うこと。 また 傑作傑作 、内容は。 あなたが持っている 実行 A 素晴らしい プロセス この中で トピック 。
[ ugg ムートンブーツ ]
ugg ブーツ  【2013/11/11 Mon】
私がしたい thnkx 努力あなたがたこのサイト書面で置く。 私は望ん同じハイグレードブログ予定も同様であなたからのポスト。を 実はあなたの創作能力 持つインスピレーション今ウェブサイト私は私自身を取得する。 実はブログは、その翼を広げている速い 。あなたの書き込みは、最大偉大なであることの一例である。
[ ugg ブーツ ]
-  【2013/11/20 Wed】
管理人の承認後に表示されます
[ ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。