戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■「スポンサー広告」カテゴリの他の記事を読む。

22話の放送を見ていると、いろいろと明らかになってました。

まずは、帽子の正体。
95年、桃果は運命を乗り換える呪文を唱えきれず、2つの帽子になった。
さらには、帽子が直接晶馬に桃果の声で語りかけると。

桃果=帽子説は7割くらい信じていたものの(Twitterでの発言)、未だすっきりと割り切れない所もあります。
12話~13話には、プリクリの正体のヒントが多く転がっています。
ただし、後の話を見ないと解釈ができないような仕掛けにになっているのです。

・まず一つ目は「運命の至る場所」からの推測

「生存戦略 94 運命の至る場所 95」 という駅の案内板(12話)
+プリクリ「運命の至る場所から来た」(1話から言ってる)
+桃果は95年に世界を乗り換え世界から消えた(←12話での95年の事故+15話のゆりの回想の中の桃果の運命乗換能力)

ということで、運命の至る場所から来たっていえば桃果じゃないか?という連想。

・二つ目は13話の眞悧の回想からの推測

ペンギン帽を被って落下する桃果→ペンギン帽だけが残される

という描写があって、これをベタに解釈すれば桃果が帽子になったと読める。
それに眞悧は「世界でたった一人の僕と同じ風景を見る事ができる僕の恋人。」という表現を桃果とペンギン帽に使っていて「たった一人」である以上は帽子と桃果は同一なのでは。

とかですね。

では、割り切れない所。

13話の回想では帽子に対して「キミ」と呼びかけ、そして桃果の思い出話をはじめる。
帽子=桃果であれば、本人に思い出話をすることになってなんとも奇妙な事になる。
とはいえこれは今回放送された22話でより確定的な証拠が与えられたので(帽子が桃果のこえでしゃべりだす!)、コミュニケーションの取れない桃果に対して意地悪をする眞悧せんせいという解釈でどうやらいけそう。

とはいえ未だに割り切れない部分も残ります。

イリュージョン空間での彼女の姿を思い出してみましょう。

・妹にゲロ豚発言
・晶馬に対して「下等生物」などと種族的に人間ではないような喋り方をしている
・ペンギン達の王という設定
・トリプルHの衣装を着ているなどの陽鞠的要素

これらは完全に桃果では無いように見えるのだが、どうでしょう。


ペンギン帽とプリクリは別の概念なのではないか。
帽子とそれを被って人格が変わった女の子は別なのではないか。
実は帽子が桃果であることは確定したとして、帽子+陽鞠=? という謎は残るのです。

プリクリとは何者なのか?という問いは実はそのまま手付かずで残っているわけです。

#冷静になってみると「世界を救う為に少女は帽子に姿を変えたのだ……」という事実は、かなり頭がかゆくなりますが、気のせいでしょう。

では、ついでに色々と考察をしておきます。

「運命の至る場所」が過去にあるという事。
我々の通常の感覚では、運命の至る場所は未来にあるように思ってしまうのだが、これをどうすれば良いのか。
#この通念で「桃果」と「運命の至る場所」との連想を難しくしているのがトリックのひとつ

私の中では、運命という路線はループ状の形をしているという解釈がしっくりと来ています。
運命とは山手線などの環状線の類いで、この運命感の元だと未来は過去にだって繋がるわけです。
我々が山手線に乗っている時に、乗り換えをする事無く、一つ前の駅にだって到着する事ができるように。

ループ状の構造を実現するためには二通りあると考えていました。

・一つは、時間の進み方が歪んだりループしているというSF的な方向
・もう一つは、親の運命を子供が引き継ぐといったように運命は担い手を変えてループしているという方向

 おそらくは後者の運命感がピングドラムの運命のイメージでしょう。
例えば、親がもてない文学青年だと子供が非モテのアニオタになるだとか、虐待をされて育った方が自らの子供に暴力をふるいたくなる衝動と闘うといった「運命」ー「呪い」がピングドラムの運命かと思います。劇中で、剣山が犯した罪を冠葉が犯そうとしているように。

さて、運命の構造は単線的だが「運命の至る場所」は複数あるという第三の可能性もありますが、親から子への呪いの継承というモチーフやタイトルが『輪るピングドラム』であることなどから、棄却しておきます。

ところでCMの前後の路線図を見ていると25個目のドットがあるような気がするのですが、これは最終回のCMあけパートが25個目のドットにあたるのか、ウテナみたいな別の可能性があるのかという疑問も残りますが、謹んで次回の最終回を迎えたいと思います。

 RSSリーダーで購読する


関連記事

■関連エントリ
カテゴリ:評論
タグ: ピングドラム
次のエントリ;モバゲーのゲーム性と課金したくなる仕掛け(モゲマス考察)
前のエントリ;「呪い」を「祝福」として生きること ピングドラム考察



管理者にだけ表示を許可する
http://nipponia.blog44.fc2.com/tb.php/224-0549e670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
フェラガモ 財布  【2013/07/03 Wed】
桃果=帽子では割り切れないプリクリ/「運命の至る場所」って?(ピンドラ考察)::クリティカルヒット
[ フェラガモ 財布 ]
クロムハーツ 財布  【2013/10/24 Thu】
あなたは本当に 実際にそれはあなたのプレゼンテーションでとても簡単に見えるようですが、私はこのトピックでは、 の問題を見つけることが本当に 実際に何かこと私は理解できないと思います。それはあまりにも思える複雑と非常に私にとっては幅広い。 私がしているあなたの次のポストのために楽しみに、 私はしますを探してそれのこつを取得しようとする。
[ クロムハーツ 財布 ]
クロムハーツ リング  【2013/10/31 Thu】
私が欲しかったから作成あなた{ A | 1 |その|店頭|こののビット|少し|少しの|小さな|ほとんど| 注意非常に小さい|観察|発言|へ順番に単語} ただの {多くの感謝を与える|与えるおかげで|お礼を言う|言うおかげ|言うおかげでたくさん|ありがとう|そんなに感謝|再びあなたに非常に感謝|前と同じように|もう一度|上に再び|瞬間再び|まだ再び} あなたが持っている 提供上この記事では...
[ クロムハーツ リング ]
ニューバランス 996  【2013/11/09 Sat】
こんにちは 最愛の人 。私はしたいこのポストと言う驚くべき素晴らしい 、 素敵書かれており、 インクルード 約全て重要に関する情報です。 D 探す |このような記事余分もっと 。
[ ニューバランス 996 ]
ニューバランス 人気  【2013/11/11 Mon】
ありはっきり A 束から実現これについて。 I 考えるまた機能に| 素敵良い点は を作りました。
[ ニューバランス 人気 ]
fxJFJUXL  【2013/11/11 Mon】
桃果=帽子では割り切れないプリクリ/「運命の至る場所」って?(ピンドラ考察)::クリティカルヒット
[ fxJFJUXL ]
-  【2013/11/19 Tue】
管理人の承認後に表示されます
[ ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

10 ≪│2017/03│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。