戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■「スポンサー広告」カテゴリの他の記事を読む。



 まどか☆マギカ劇場版の前編を見てきた。

 彼女たちはキュゥべえと契約を結び、魔法少女となる。その選択は、決して気が向いたから試しに魔法少女をやってみるかというお手軽なものではない。例えば、さやかはマミの死を目の前で見ている。魔法少女になれば命をかけた戦いの中に身を置かねばらないということを理解した上で、彼女はそれでもなお魔法少女になろうという選択をした。
 その動機は愛する人の力になりたいというただそれだけだろう。後に杏子に問い詰められたように、彼を所有するためであればもっとマシな方法がいくらでもある。けれど、好きな人が腕の怪我で悩んでいるのを見て彼女は力になりたいと思った。
 魔法少女になろうという「決断」。彼女たちはその時に持っている知識や経験を全て使って「決断」をしたはずだ。少なくとも命を失うかもしれないという恐怖に抗える程には考えぬいたはずだ。その「決断」は彼女たちにとっては正解であり正義だった。それゆえ彼女たちは魔法少女になった。
 しかし、私たちは彼女の結末を知っている。劇中に限れば、杏子は過去の自らの「決断」をはっきりと後悔している。さやかと同じように愛する父の為に魔法少女になった彼女はさやかの間違いが痛いほどに見えてしまう。
 魔法少女は決して救われない。それがキュウべえを中心としたあの世界の理である。魔法少女はくたびれて絶望をして魔女となる。それを新しい魔法少女がまた討伐をするというシステムの中で、少女たちは不幸になるかもしれないが、あの世界はうまく回っている。

 寓話として取り出してみれば、私達を取り巻く世界の有り様に似ていることがわかる。
 未だに自分探しというモチーフに、多くの人がとらわれている。自分の資質にあった職業があるはずで自分の天職を探せと。夢や大志を持ちそれに向かって進むことは疑いようのない善であると。中学生や高校生には無限の未来があるのだと。
 とはいえ、中学生や高校生に夢を探せという事はとても残酷な事に思える。ほとんどその夢は叶わないのだし、そもそも自分らしく生きれば成功できるわけではないからだ。『職業としてのAV女優』にはこういった具体例がゴロゴロとしている。
 バイトをしながら専門学校に通い、調理師になろうと思って東京に出てくる。バイトの手取りは14万円。東京で住もうと思えば足りない金額で、生活のためだけに働く毎日でいつか専門学校には行かなくなってしまう。そこで月6万円程度のお金を稼ぐの為にAVに出演する少女。
 競争が激化するAV業界において、自らの持った顔や肉体や性格やその時代の流行のためにどれだけ努力をしても報われることが無く、多くのAV女優候補者を前に出演をすることすら難しい少女。
 彼女たちの事を俯瞰して見れる立場からは、見通しが甘いという事を指摘することは簡単だろう。せめて実家でしばらくバイトをして資金を貯めてから上京すれば話は変わっていただろう。
 けれど、人は完全な情報を得ることはできないし、正しい判断もできない。何度も繰り返しチャレンジでき、平等に情報が与えられているゲームとは違う。けれど、彼女はその時に置いて得られたすべての情報と経験を使って何かを「決断」したはずだ。『まどか☆マギカ』の少女たちが魔法少女になろうと「決断」したように。
 彼女たちが何かを「決断」してそれに従って行動をする事そのものはとても美しい。さやかがとった行動を誰が否定できるだろうか。けれど、彼女たちの「決断」を世界は祝福してくれるとは限らない。 全てにおいて、高度経済成長時代の環境とは違う。拡がる貧富の格差。働いても豊かになれないという労働環境。シビアな実力主義。これから迎える少子高齢化による日本の衰退。
 少女たちの「決断」とそれを決して祝福しない「世界」。まどか☆マギカは私たちのこの世界をこのように寓話化している。

 そもそも魔法少女ものとは、少女の成長への夢を描いたジャンルともいえる。『ひみつのアッコちゃん』や『魔法のプリンセスミンキーモモ』は大人へと姿を変え、様々な職業の制服を身にまとう。それは、少女にとって大人への憧れを素朴に表象したものだろう。これらの作品は、夢を持つことの素晴らしさ、自分らしく生きることの素晴らしさ、少女たちの未来を、夢を称揚している。
 『まどか☆マギカ』は出発点においては、昔ながらの魔法少女ものと、こういったドグマを共有している。だとすれば『まどか☆マギカ』は少女たちの成長・自己実現を「魔法少女」という形で表象してきた、魔法少女ものの正統的な後継者ともいえる。少女たちの夢や努力が美しいという事は時代を超えている。しかし、このドグマを、現代の「世界」の中でシミュレーションしたのが『まどか☆マギカ』という作品なのだ。彼女たちの素朴な夢を、世界は祝福しない。

(もっとも、『まどか☆マギカ』が現代においては正統的であることが歪みを表現しているのかもしれないが。高校を舞台にすればこの矛盾は回避できる。せいぜい大学までの進路を描けば良い。)



 では、世界に飲み込まれてしまった魔法少女たちは無駄死だったのか?
 少なくとも物語、はそういった救いのない話ではない。

 物語はまどかが起こした奇跡によって終着点を迎える。しかし、それは彼女の天才によって起こされた奇跡ではない。
 ほむらの執念がまどかの莫大な魔力を生んだ。ほむらが世界をやり直すたびにまどかの魔力が増幅されていく。気が遠くなるほどのほむらの行動が、まどかに奇跡を起こせるほどの魔力を可能にした。

 『まどか☆マギカ』本編の世界線に限っても同じことがいえる。『まどか☆マギカ』はまどかが魔法少女になるまでを決心するまでのお話ともいえる。まどかの視点からこの物語を見ていると、まるで『北風と太陽』のように色々な人達が彼女に魔法少女になれと囁いているのがわかる。
 マミさんにあこがれて魔法少女になろうと思った。そして、親友であるさやかを救おうと魔法少女になろうと思った。そうやって魔法少女になれと囁く声が頂点に達するたびにほむらがそれを止めに入るので実現はしないが、そういって散っていった魔法少女達の行動が積み重ってまどかは最後の決意をする。
 彼女たちは屍となる。しかし、その屍から奇跡が生まれた。のだとすれば、彼女たちの生は無意味ではない、と。

 これは現実世界に置き換えれば残酷極まりない話だ。お前たちは挫折するだろうけれども、いつか起こるだろう奇跡が意味を与えてくれるだろうと。しかし、私たちは生きている時代や場所を選ぶことはできない。どんな世界であろうと、与えられた条件の中を生きて行かなければいけない。だとすれば、自分の行動を世界が祝福してくれないとしても、無駄死なのだとしても、歩みをすすめる事をやめることはできないではないか。


 RSSリーダーで購読する


関連記事

■「評論」カテゴリの他の記事を読む。

いいですね(*^_^*)
【2012/11/25 Sun】 URL // 藤岡亨穂 教授 #mQop/nM. [ 編集 ]
矢部結城乃ちゃんの感想
また読みに着ますね(^^♪
【2012/11/28 Wed】 URL // 矢部結城乃 #mQop/nM. [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/09 Sat】 // # [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/19 Tue】 // # [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/26 Tue】 // # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://nipponia.blog44.fc2.com/tb.php/231-a7da6ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
グッチ 財布  【2013/10/19 Sat】
「まどか☆マギカ」が魔法少女ものである理由::クリティカルヒット
[ グッチ 財布 ]
クロムハーツ ネックレス  【2013/10/24 Thu】
コンテンツの| かなり魅力セクション。 サイトをブログおよび加盟の首都で主張するために、その私私はちょうどあなたのつまずい取得 実際にあなたのブログの記事は、アカウントを楽しんだ。 任意の方法は 私がします ​​あなた補強を購読することが、あなたが一貫してアクセスしても、私は達成すばやく 。
[ クロムハーツ ネックレス ]
クロムハーツ 通販  【2013/10/31 Thu】
私がしたい thnkx 努力あなたが持っているこのブログのサイト書面で置く。 私は望ん同じハイグレードサイト予定も同様であなたからのポスト。を 実はあなたの創作能力スキル持つ奨励今私は私自身を取得する。 本当にブログは、その翼を広げている速い 。あなたの書き込みは、最大良いであることの一例である。
[ クロムハーツ 通販 ]
ニューバランス  【2013/11/09 Sat】
初心者として、私は常に ブラウジングをすることができます記事のためのオンライン援助​​私。ありがとう
[ ニューバランス ]
ニューバランス 574  【2013/11/11 Mon】
これは非常に 本当に面白い、 あなたがある非常に熟練したブロガー。 私が持っている RSSフィードをに入社し、より多くのあなたの偉大な素晴らしいの追求を楽しみにしてポストを。また、 私が持っている 私のソーシャルネットワークでは、共有。
[ ニューバランス 574 ]
-  【2013/11/19 Tue】
管理人の承認後に表示されます
[ ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。