戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■「スポンサー広告」カテゴリの他の記事を読む。

小林幸子さん紅白出場おめでとうございます。

そもそも小林幸子さんが紅白の連続出場を断たれたのは、所属事務所にまつわるゴタゴタをNHKが嫌ってのことでした。

紅白に出られないのであればと手を差し伸べたのがニコニコ動画でした。2013年の大晦日に紅白にぶつける形で年越しライブを開催(当日の映像)。(それに先立つ形で小林幸子本人がアカウントを作成し歌ってみた動画を投稿。)

元より紅白での巨大装置衣装をラスボスみたいだと言われていた小林幸子なので、ニコニコのコメ付き動画との相性はぴったりでした。が、それ以上に視聴者をトリコにしたのは小林幸子の歌の力でした。単純にめっちゃうまいわけです。ここで、トリで歌われたのが「千本桜」でありました。
「千本桜」は言うまでもなく黒うさPが2011年に発表した初音ミクの曲で、ニコニコ動画の「国歌」ともいえる楽曲です。ネット民ならば誰でもが知っている曲を完全に持ち歌化。その歌唱力に心を持って行かれたわけです。

その後も、ニコニコ主催の超パーティや町会議に出演されますが、印象深いのはコミケ参戦でしょう。初参加にもかかわらずコミケの文化を踏まえすぎた振る舞いに、郷に入っては郷に従うということわざを思い出したもの多数でありました。大御所という立場を捨ててネット民に寄り添うような形で活動を続けてこられました。

そして、特別枠とはいえ紅白復帰。ニコニコ動画とコラボした演出。歌う曲は「千本桜」ということになったわけです。

紅白といえば、最近は紅白というノスタルジーを再生産する場所という印象です。紅白といえば、おらが街を背負って涙ながらに初出場。こいつは若い頃からおれたちが面倒みてやったんだという村の人たちという構図が紅白的なものと感じますが、まさにネット村でこの構図を再生産したのが小林幸子であったということなのです。

そこまで深くコミットしているわけではないですがこの数年眺めていたわけですので、ネット民の一人として応援したいところです。また、時期を逃してしまった感はありますが初音ミク楽曲としての初紅白というのもしみじみと感慨深い所であります。



 RSSリーダーで購読する


関連記事

■「メモ」カテゴリの他の記事を読む。


管理者にだけ表示を許可する
http://nipponia.blog44.fc2.com/tb.php/232-5b88beb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。