戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■「スポンサー広告」カテゴリの他の記事を読む。

麻生太郎が秋葉原でやった演説が話題になった。演説で出てきた話関係のネタの紹介とよもやま話(エントリが長くなってきたので二つにわけました 10.28)。
ローゼン麻生覚書はこちら→

映像前半→  映像後半→  テープ起こし全文→
当日の秋葉原の様子(アキバblog)→

 さて、ローゼン麻生についてはこんな所で、後は閣下の秋葉原での演説を見ていく。

 秋葉原での演説も、秋葉原という土地を意識して日本のサブカルチャーから始まった。

 ちなみに、麻生大臣はマンガについては知識が荒い。この秋葉原の演説においてもこんな感じである。

若い人、キャプテン翼知ってる人?

中近東に行ったらキャプテンマージトって言うんです。
今年あったワールドカップの世界大会で、フランスのジダンが、イタリアのトルッティがトッティが あなたは何でサッカー始めたんです?と聞いたら、皆キャプテンマージトのおかげだ。

これ日本人が書いてる漫画、少年チャンピオンに連載してるかな今 。

この漫画を読んで、あの世界一のサッカーのキャプテンになったんですよ。
(上のテープ起こしを元に読みやすく編集)


 キャプテン翼が少年チャンピオンに連載というのは、有る程度のマンガ読みならあり得ない認識である。友情・努力・勝利の名の下に過剰なインフレ技を繰り出すスポーツものといえばテニスの王子様にまで繋がる、少年ジャンプのお家芸である。
 けど、まあ思わず出てくる名前が少年チャンピオンというあたりが、手塚治虫が好きそう世代っぽいといえばらしいけど。

 ちなみに、トッティがキャプテン翼好きだというのは本当らしい。2ちゃんのログをまとめたサイト(→)を読むと、キャプテン翼のTシャツを着て報道陣の前に登場するは、日向のネオタイガーショットを練習して骨折するはやりたい放題である。

次に日本の文化が世界を席巻しているというお話である。

我々の世代、エルヴィス・プレスリーっていうのは絶対でした。 そしてその後の世代が多分ビートルズ。 世代によって音楽が違うが皆英語だった。

だからこれらの歌を覚えたい、思うんだったら英語で歌わないとかっこ悪かったから、カタカナ振ってでも英語で歌った。同じように 今、アジアの国々に行ってカラオケに行っても何処に行っても 全部J-POPは日本語で歌うんです、若いティーンエイジャーが。
(上のテープ起こしを元に読みやすく編集)


 こういう映像はyoutubeなどで今や簡単に見ることができる。
 思わず、思い出したのが、ポケモンの主題歌を口パクをする外人だろうか。→
 フランスのオーディション番組で日本のアニメ主題歌を絶叫する青年の映像も鮮烈だった。→

 フランスといえば、アニメ関係のイベントに6万人も人が集まる濃い国としても知られている。このサイトのレポートが詳しい→

ブログでも紹介したPLEYMOなんて、来日ライブで、ハードな音を求めてやってきたイカツイお兄ちゃんたちに、「ナウシカ歌おうぜ!」と強引に「風の谷のナウシカ」の主題曲を合唱させるという暴挙に出ている(笑)。


よりによって闇歴史のナウシカかよというのはおいておいて、海の向こうの国がこんなことになっている背景にあるのは、こういった事情のよう。

この年、フランス最初のテレビ局であったTF1はフランス社会を自由競争によって再建するというミッテラン政権の政策の一環として民営化されたばかりだった。民営化によって突然出現した放送時間の空白を埋めるために、すぐに使える作品が緊急に要請されたのであった。このようにソフト不足状態にあったフランスのテレビ局にとって、日本のアニメは安上がりかつ品揃え豊富な番組用のソフトの宝庫だった。ほとんど手当たり次第に買い付け、にわか作りの番組編成だったのが、またたく間にフランスの子供たちの心を捉えてしまった。日本のアニメは1981年の時点で3つのテレビ局で年間237時間放映されていたが、 1989年には5局で2611時間と80年代に10倍以上に増加した。


 演説自体は、日本の国際社会での立ち位置であるとか、高齢化社会への対応云々といった話へとつながっていく。

さて、ローゼン麻生は斯界では人気者であるという事は間違いが無い。だが、こうやってネタにする人の全てが、彼の政治姿勢を評価しているわけではないという事は、当たり前のことだが、念のために書いておく。

 RSSリーダーで購読する


関連記事

■「メモ」カテゴリの他の記事を読む。

tokumei
茂木友三郎という人物が、フジテレビの監査役であり、なおキッコーマン株式会
社の名誉取締役です。元福田官房長官や元麻生総理大臣とのコネクションもある
そうです。
ところで、最近、粉飾決算の問題が報じられていますが、「風説の流布」という
言説が思い浮かばれます。
 フジテレビの報道に鑑みて、記憶するところ、滝川クリステル、安藤優子、木
村太郎らは、風説の流布に関与していたものと思われます。
株主としては、フジテレビ、ライブドア問わず、影響を受けたと思われます。ま
た、株主でなくとも、テレビ放送を見ていた者は、その限りにおいて、経済活動
に大きな影響が、あったように思われます(例;アカウントの削除レベルですら
オイルショック的な要素として考えうる点)対比的には、日興コーディアルの
粉飾問題は、ほとんど報じられていませんでした。この点においては、オリンパ
ス事件は異常事態といえるでしょう。

その後、フジテレビジョンを中心に放送業界は、【公共性】の高さ、ないし、強
さを、国際金融の観点として、相当強く主張して、今日に至ります。

 27時間テレビで、明石家さんまが明らかに「キッコーマンの醤油」の瓶(意
匠はあるのでしょうか?)をもって「しょうゆうこと」と宣伝していましたが、
その後CMの契約までこぎつけています。また、お礼があったと番組で放送してま
した。なお、フジテレビも広告主であるキッコーマンとの契約を成立している
これは、お笑い芸人のプロとしてのパフォーマンスだったことを熟慮せずとも、
個人の利益からすると、著しく公共性を損なっているでしょう。

このようなプロパガンダの歴史的な観点に経つと情報戦のために、戦争に利用さ
れた背景すら持っています。また、トークの途中でも、醤油の瓶を画面に映し続
けている行為は、サブリミナル効果の観点からも番組放送基準を逸脱しているよ
うに思われます。

あるある大事典の頃、わたくし自身、全国規模でなく小規模なマーケットですら
、ヨーグルトの売り切れに遭遇しています。

この時の、フジテレビ及びキッコーマンの株価は、どのように変動していたでし
ょうか?

明石家さんまこと杉本高文が、所属している吉本興業におけるフジテレビの持株
比率は、およそ12%であり、株式を所有する他社の多くは、放送業界である点
を熟慮し、CMを視聴すると、広告業界も含めて、歪と言わざる負えないのではな
いでしょうか。

インターネットの牽制報道やインターネットの問題についての偏向報道がなされ
ていますが、例えば、東京では、インターネットでしか購入できないような地方
の小規模な醤油メーカなどにしてみれば、由々しき事態ではないでしょうか?企
業の一個人の営業を考えたケースにおいても。

 IT企業や広告主の立場にたって考えても、利用者の観点からも、また、商店街
のレベルからも、かなり、バランスを欠いているように感じられます。

社外の人間が,商品を喧伝する行為は、フジの監査役の存在を考慮しても、競合他
社からすれば、極めて遺憾であると思われ、経済に影響を及ぼしていると思われ
ます。

また、もし、昨今のフジテレビの韓国ドラマの導入コストが日本ドラマの導入コ
ストよりも安価であり、かつ、右翼批判が現象していたなら、ポストコロニアリ
ズムの観点からの批判および人権報道がなされるべきと思われます。これは、以

オタクもされていた差別です。オタクの権利を守るためにも、麻生自民とフジに
騙されないようにしましょう。

【2011/12/31 Sat】 URL // nanasi #- [ 編集 ]
以前、フジテレビを拝見していましたところ、石原良純さんが、父の慎太郎が都
知事になる前を回想し「父親の慎太
郎都知事にクラブに連れて行ってもらったなど、大人の遊びは父から学んだ。」
「父は、家族とは、食事を共にしない。」と証言していました。つまり、言うま
でもなく、かなりの右翼的な家父長制の家庭だったと述べたわけです。
「東京都青少年の健全な育成に関する条例」(青少年育成条例)にまつわる
コンテクストが、かなり不整合であり、東京都民のみならず、東京滞在する人に
とっても、コンセンサスが取れないように思われます。 また、問題の取り扱い
時期も、民主党に対して、良き野党の姿勢をとても示せてるとは、思われません


フジテレビジョンの選挙にまつわる報道は、プロパガンダの悪用としか思われず
、北朝鮮とのコントラストとしてもまるで石原ファミリーと自民党の政見放送を
みているようです。深夜番組には、元小泉総理の息子に、バラエティには、竹下
元総理
のダイゴ(daigo)、業界全体を私物化しているとしか思えずテレビ業界の病理で
す。

また、安藤優子、木村太郎は、フジテレビジョンのM&Aの最中、フジのホワイトナ
イトの【親会社】の本業を無視して、「インターネットは虚業だ。具体性がない
。」というようなことをコメントしました。この虚業は、livedoorを指していた
としても、「同業者」であったということは、非常に、違和感を感じずには、い
られません。

以前、他局で、ラジオパーソナリティが、問題発言により、番組終了、番組降板
という
事態に追い込まれていましたが、その内容を何度か聞いても、全く問題箇所も理
解できないほどでした。問題は、ラジオのバラエティですら、この責任を取らさ
れるレベルにもかかわらず、なぜ、テレビの報道という花形のポジションにいる
木村太郎と安藤優子は、降板せずにやってこれているのでしょうか?

M&Aの戦略上、本来、金融機関側の観点では、民事訴訟法も視野に入れるような非
常に
深刻な表現のように思われます。(その後、親会社であるソフトバンクは、番組
提供、ないし、スポンサーを務めているのはある意味では、不条理なのでしょう
か。)

普通に考えれば、番組が終了し、降板するのが慣習的なのでは、ないでしょうか


そういった中で、選挙報道などを見ると、時に、安藤、木村、石原良純、石原の
ぶてる
石原慎太郎が、出演するという奇妙な光景を目の当たりにすることがありました

【2011/12/31 Sat】 URL // nanasi #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://nipponia.blog44.fc2.com/tb.php/78-53d0cef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。