戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■「スポンサー広告」カテゴリの他の記事を読む。

時間ないので、メモのみ。

4話は崩れてるのか、個性的なのか。
ナディアの島編的な扱いでいいのかな。
充電期間で遊ぶというか。

奥からの走りが極端な金田パースで面白かったり、個別には面白いんだけど統一感が無い感じ。

こういう会があるから、1話~3話までのクオリティがあるんだよね。最終回には期待していいんだよね。ということで。

1話~3話までをベースに以下。

唯根性的な世界観とストーリー運びは好き。
だが、絵や演出といった映像の力が無いととたんに説得力が無くなるのが不思議(4話)。

世界観がきっちりとある。動物にしろ、地上人と地下人。人類と獣人。背後に膨大な世界観が構築してあるのが見ていてわかる。王立宇宙軍、ナディア、トップ、エヴァと繋がるガイナックスのSFらしさ爆発という感じ。

あとは絵作りも下品だし、動かしたくて動かしている感じが伝わってくるし、最初に書いた良い意味での(終わってみないとどうかわからんが)息切れ感もある意味ガイナックスぽい。

3話の冒頭の「長い」刀を使っての戦闘シーンは凄まじかった。瞬間風速では、テレビアニメを超えてはるか遠くにいってしまう。そういう偏った人材投下が面白い。

あとは、無駄無駄無駄(ジョジョ)~クロスカウンター!?(明日のジョー)という、萌えじゃなくて、燃えに参照点をおいたパロディ感覚も懐かしい。

3話の最初の合体の間抜けな感じ(ドリルをただ突き刺すだけで、顔の目が死んでいる)。もちろん、後ではきっちりと決めてくる。こういったギャグも独特。トップでのロボットが鉄下駄をはいている的な距離のとり方とでもいおうか。

いや、もちろん、細かいところでは違うとは思うんだけど、なんとなくガイナックスっぽいというブランド力をうまく継承できているのかなあと思った次第。

あとは、たたまなくてもいいから、風呂敷を広げるとこまで広げてほしいな。誰もが驚く最終回を作るとか。


■関連エントリ
カテゴリ:評論
タグ: アニメ グレンラガン
次のエントリ;デジタルアニメと細田守の終わらない日常
前のエントリ;らきすた二話メモ。



管理者にだけ表示を許可する
http://nipponia.blog44.fc2.com/tb.php/99-c038a9fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 そりゃ多けりゃ多いほど偉いに決まってますよ、偉い使徒にはそれがわからんのです。まぁサイズはでか過ぎず小さ過ぎずって所でしょうが。あ、グレンラガン3話感想です。 今回気になったのは「画の雑さ」、とくに
[ 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 ]
戦いの中、グレンとラガンの合体を見事成功させたシモンとカミナ。しかし、カミナはそれで満足しない。前回の合体はあまりにもブサイクすぎて男の合体ではないと言うのだ。そして、カミナの特訓が始まる・・・。
[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]
品質評価 36 / 萌え評価 16 / 燃え評価 16 / ギャグ評価 13 / シリアス評価 14 / お色気評価 9 / 総合評価 18レビュー数 183 件 激しい戦いのなか、ラガンとグレンが奇蹟の合体を果たし、グレンラガンとなってヴィラルを打ち破ったカミナたち。勢いに乗って敵の本拠地に乗り
[ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。