戯言と作品レビューや分析のブログとその時の思いつき。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ひぐらしのく頃に』や『fate』のようなノベルゲームを快適にプレーする為の個人的な方法。
⇒ 続きを読む
何も書かないのもあれなので、固有名詞で最近の日記。

らき☆すた ニコニコ動画。小麦感。

PC版ひぐらし。テキスト抽出。再読。

fate。PS2版主題歌。

DDD1。フリクリまんが。講談社BOX。作風。

図録「王立科学博物館」

HDDレコーダ。コピーワンス。アンテナ。

絶望先生。新房。

アニメもえたん。狙い撃ち。

アニメななついろドロップス。期待。のいぢ絵。微妙作画。

時かけ。オーディオコメンタリー。BSアニメ夜話。ゲーム的リアリティ?反復。環境変化。決断。

ハルヒ二期。七夕。
気がついたら、こんなことになっていた。

http://www.kyotoanimation.co.jp/info.html
TVアニメーション作品「らき☆すた」監督交代のお知らせ
「らき☆すた」監督の山本寛は、監督において、まだ、その域に達していないと弊社は判断し、交代いたしました。

 放送第5話から新監督武本康弘のもとスタッフ一丸となって作品制作をしていきます。
引き続きよろしくお願いいたします。
平成19年4月30日
株式会社京都アニメーション
⇒ 続きを読む

幼い兄弟3人が犠牲となった車両銃撃事件に抗議するデモが3日目を迎えた。(……)写真はガザ市で14日、「子どもを殺さないで」と書かれたプラカードを手にデモに参加する少女。
http://www.afpbb.com/article/1174867


って事なのだけど、デモに使われているプラカードの中に何故かハルヒがいる。宝くじおじさんがハルヒのTシャツを着ている件も謎だが、それに劣らず謎だ。

仮説その1。日本での話題作りの為に、誰かが入れ知恵をした。

仮説その2。ハルヒはイスラムの人たちも大好き。

仮説その3。偶然、ハルヒの画像がネットでヒットした。

仮説その4。日本側の記者の合成。

普通に考えりゃ、その1なわけだけど、ハルヒも、放送が終わって随分立ってちょっと寂しかったんじゃない?ってのがその3。「パレスチナでデモが起こってるじゃないの。キョン(以下略)」ってなもんです。その2、は願望。その4は最低の見解。

日経ハルヒ記事の要約第二段。という事で、ランティス編。
前のインタビューがビジネスよりな話がメインだったのに対して、製作風景の裏側の話がメイン。

恋のミクル伝説をリアルにとちらせる為に、わざとクリック音を出さなかったというあたり、涙無しには読めない。真剣に遊ぶというのは大変だ。

ライブアライフでの、京都アニメーションの気合の入りっぷりにランティスの現場も盛り上がっていく。そうやって作る人のテンションが上がっていったから、面白いものができた。後は、角川がそうやってお膳だてをするノウハウと体制がすごい。

という事で、以下。日経Bpによるランティスの井上俊次社長、松村起代子取締役、「ハルヒ」担当プロデューサー斎藤滋さんのインタビューの要約・抜粋。
⇒ 続きを読む
日経Bpの山中記者が、角川スニーカー文庫とランティスに突撃をかけていた。ランティス編に関しては、みたいもんの中の人を切込隊長として連れていった模様。

日本のコンテンツビジネスはこうなっているのかあ(棒読み)的な面白さもあれば、涼宮ハルヒの現場を知る事で、どうしてあのような怪作が生まれたのかを推測することもできる。記事全文はこちらからみれます(→)。

この記事はライブ感を重要視する為かあまり加工されておらず、スニーカー文庫編とランティス編を合わせて6万字くらいある。後は、ページが10個くらいに分かれていて読みにくいとか、もう一回涼宮ハルヒについて考える材料にしてみたいとか色々あって、要約してみた。角川編・ランティス編・考察編と続きます。
⇒ 続きを読む
一月ほど前からハルヒダンスを文化祭で踊りたいんですが!というファンの声にこたえて絵コンテが公開されていた(→)のだが、DVD涼宮ハルヒの憂鬱7(amazon→)に収録が決定された模様。

絵コンテには「TVバージョンC-1の動きへ」「TVバージョンのC-2を兼用」など書いてある事から、静止画をずるっと動かしていたり小窓で鶴屋さんが動いていたパートが全作画される模様。
⇒ 続きを読む
月末だからというわけでもないのだが、最近見た気がするものを整理。記憶の中から再構築なので、随分前にみたものも含まれているが、メモしておかないと忘れてしまうので自分メモ。
⇒ 続きを読む
麻生太郎が秋葉原でやった演説が話題になった。演説で出てきた話関係のネタの紹介とよもやま話(エントリが長くなってきたので二つにわけました 10.28)。
ローゼン麻生覚書はこちら→

⇒ 続きを読む
予告編を見ただけで鳥肌が立った上泣きそうになり、ちょっとそのやばさ故にまだ観ていない時かけなのですが、あずまさんが例の絵の落書きをupしていた。

二週間ほど前なので知っている人が多いかもしれないけどここでみれる。

絵、うまいなあ。あとやっぱこういう過去の作品への敬意の表し方っていいなあ、と果てしなくいやされる。
 テレビをたまたまつけたらバンキシャをやっていた。

 韓国では反日映画やテレビが大人気。靖国神社参拝云々と言われているが、さてどうよという8月感漂う特集の後に、いしかわじゅんが1コママンガでニュース切るという1コーナーがあったのだが。

⇒ 続きを読む
堀江さんのblogが荒れるかと思ったら案外荒れていない。普通に考えたら収集がつかなくなりそうなのだが、案外好意的な意見が多い。社員が書きこんでいるという説も根強いが、実害を受けてないファンも数多くいるだろうから、肯定がメインというのもうなずける。勿論、ライブドアの株で「資産が限りなくゼロに近づく」とか「レバレッジかけすぎで多大な借金を抱えた」という人にとっては、堀江の全てが憎らしいのは当然だと思う。
(1.21 0:30に最後のパート追加)
(1.21 12:30に最後のパート加筆)
⇒ 続きを読む
BACK  // HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 クリティカルヒット all rights reserved.
プロフィール

クリティカルヒット

Author:クリティカルヒット
気がつけばアニメとかニコ動のことばかり書いてます。更新頻度はかなり低いので、よろしければTwitterなどにもアクセス下さい。

メール:criticalhit.blog[at]gmail.com
タンブラ
Twitter

Twitter

Twitter < > Reload

RSSリーダーで購読
最近の記事
タグ
カテゴリ
人気エントリ

最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。